スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そしてアダムとイヴは荒野へ旅立つ

『仮面ライダー鎧武』、いよいよクライマックスです。
第43話で光実に刺されて倒れた紘汰ですが、生きていました。しかも知恵の実の力を得ていることにより、驚くべき回復力を見せます。
ただダメージが残っているためか、戒斗との戦いは劣勢。
湊耀子に加え、「チームバロン」のリーダーを引き継いだザック(仮面ライダーナックル)も戒斗の側につき、紘汰と凰蓮(仮面ライダーブラーボ)、城之内(仮面ライダーグリドン)と3vs3の戦いを繰り広げますが、敗れます。

そして戒斗は、大量のインベスを召還し、軍隊を結成して沢芽市の外へと打って出ようとするのでした。
「世界を滅ぼす」とい言ったって、画面内で描ける破壊活動には限りがあります。しかも副主人公と言っていい存在である戒斗にどこまで具体的な悪事をさせられるのか、という問題もありますし……しかし、街を埋め尽くすほどの「軍団の結成」は、具体的な脅威を感じさせるに十分な描写ではありました。

他方で、時間を遡航した舞は「あり得たかも知れない可能性の世界」に迷い込んでいました。
その世界で展開されるのは、インベスの軍勢を率いて馬に乗り、荒野(採石場)で戦うアーマードライダーズという、第1話冒頭で展開された光景……あの場面をこういう形で回収してきますか。
誰が勝つか、歴史が決まれば舞も元の世界に戻れるとのことですが……

そんな舞の実態を知ると、戒斗はなおのこと、舞を呼び戻すためにも紘汰と決着を付けようとします。

さて、戒斗の側についたザックですが、本当は戒斗を止めようとしてのことで、凰蓮と連絡を取って、凰蓮手製の爆弾で戒斗を殺そうとします。
しかし直前で気が付いた湊耀子により阻止され、そして爆発の直撃を受けた上にビル屋上から落下した耀子はあっさりと退場してしまいます。
最期に「もし私が『始まりの女』だったら、私を選んでくれた…?」と聞く耀子に対し、「知恵の実は知恵の実、耀子は耀子だ」と答えて看取る戒斗。直前、完全にこの世界に帰ってきてはいないものの語りかけてきた舞が「戒斗は私と知恵の実、どっちを取るの?」と訊いた時には、「区別する必要も選ぶ必要もない。両方手に入れる」と答えていたのに……
結局最後まで戒斗の「特別」になれなかった耀子の悲しさが印象に残ります。

そしてザックも、戒斗に敗れ倒れます。

そして、ついに自分の身の変化を姉に明かし、ヘルヘイムの果実を食べる紘汰。今や、彼はヘルヘイムの果実を食べても平気なばかりか、唯一口にできる食べ物がそれになっていたのです。
ちょうどその頃、沢芽市の外からやってくる救出のヘリ。念のため「この中に身体から植物が生えてきたり、実を食べてしまった者はいないか」と訊く自衛隊員の言葉は、すでに紘汰がこのヘリに乗って街を脱出できる者たちの中にいないことをはっきりと物語っています。
姉をヘリに乗らせ、一人戦いに赴く紘汰。

そして紘汰も大量のインベスを召還し、ついに軍団を率いる将同士として、戒斗と対決することになります。
「武将」というモチーフと、しかもインベス軍団を率いていたイメージ映像が、こうして最後の対決でついに実現されるのは、何とも感無量なものがあります。

そしていよいよ第46話(9月21日放送)では、二人の決戦となりました。
初期のものから次々とフォームを変えて戦いを繰り広げる二人、その姿は、舞が「可能性の世界」で見ている二人の戦いとも重なります。
そしてついに、戒斗を下して勝者となった紘汰は、舞から知恵の実を受け取り、その神にも等しい力を手にします。
けれども、紘汰はサガラの促すように世界を滅ぼそうとするのではなく、舞と、そして地球に進出したヘルヘイムの植物とインベスたちを引き連れて、新たな世界――どこか遠い、あるいは平行宇宙の惑星――へと旅立つことを選びました。
それがどんなに困難な道であろうとも。

かくして男と女は楽園を捨て荒野へと旅立つ――ただしそれは、決して罪を犯した結果としての追放ではなく、楽園を守るため自ら立ち去った英雄の結末なのです。
神なき禁断の果実の神話に相応しい幕引きでした。

ヘルヘイムの脅威が去った世界にて――沢芽市にはふたたび人が戻り、ビートライダーズ各チームの少年少女が揃ってダンスをする姿も見られるようになっていました。
ザックも――まだ怪我で舞台にこそ上がれないものの――生きています。
終盤の戦いでほとんどロックシードとドライバーも破壊されているので、インベスもライダーも存在しない世界が訪れたわけです。

しかし光実は、どこの仲間にも入れないまま……
そんな光実が通う先は、病院で意識不明のままの兄・貴虎のもと……。
海に落下というのは生存の可能性を感じさせる散り方ではありましたが、今回はさすがに救出者も見当たらず厳しいかとも思っていたのですが、どうやら沖を航行していた船に助けられたようで……
そして、最後に貴虎が目覚めて光実に声をかけるシーンは、確かに救いをもたらしてくれるものでした。凰蓮の言う通り、道を過ち迷った「悪い子」には、受け入れ、叱責し、導いてくれる「大人」こそ、必要なものでしょうから。

――という終幕でしたが、どうやらあと1回、エピローグが残っている模様。
最後は敵の残党の類が出現、光実が戦って紘汰が戻ってくるというパターンでしょうか。楽しみに待ちましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。