スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風物詩:芸術祭

今年も毎年恒例ですが、母校・愛知県立芸術大学の芸術祭に行ってきました。
しかしあいにくの雨天。

芸祭2014

天候がどれくらい客足に影響するのかは分かりません。
多くの展示と店舗は屋根があるので通常営業ですが、屋外ステージでのパフォーマンスは屋内(今年の場合は大講義室)に舞台を移さざるを得ません(過去には雨天の場合、ステージパフォーマンスは学食でやっていた記憶がありますが)。
私の出身専攻である芸術学の店舗はステージの前にあり、店内からステージを鑑賞することができ、またスープを観客に売り歩くことができたのですが、それができないのは残念です。

雨の中でもパフォーマンスをがんばっている方々もいましたが。

ダンス

『仮面ライダー鎧武』のストリートダンスを思い出します。

展示は色々ありますが、やはり毎年恒例、デザイン専攻の段ボール遊具が楽しみです。
↓このケーキは中に入り、滑り台を滑って出てくることができます(この滑り台部分以外にも出入りできる開口部あり)。

段ボール遊具 ケーキ

↓このトイレは便器に入って「流される」とやはり滑り台で後から出て来るというユニークな仕様。
実地使用した際に不具合を来したのか、実は使用禁止とされていたのですが(写真右下)、気付かずに遊んでいる子供もいて、問題なさそうでした。

段ボール遊具 トイレ

↓このゴミ箱、一見何でもないようですが、手前の缶を足場にして中に入り、魚の骨を梯子に登り、そして蓋を滑り降りることができるようになっています(骨は可動ですが蓋は固定)。

段ボール遊具 ゴミ箱1

中には段ボールの断片で埋まっています。
ここに埋まって遊んでいる子供もいました。

段ボール遊具 ゴミ箱2

↓缶に描かれているのは大学の名物猫・まがり(尻尾が曲がっているがゆえのネーミングですが、所によっては「せつこ」とも呼ばれていると聞きます。まさに「名前はいっぱいあってな」)。
しかし19才とは初めて聞きました。私が入学した頃(7年前)からいたのは確かですが……

段ボール遊具 ゴミ箱3

↓このピエロは帽子の中に球(これも段ボール製)を投げ込んでいってそれが貯まるとと、やがて重みで十字の目がくるくる回るという仕様。
ただ、回すのに根気がいるせいか、それとも地味なせいか、人気は今ひとつ。やはり直接登ったりくぐったりできる遊具の方がいいのかも知れません。

段ボール遊具 ピエロ

ちなみに球は段ボール箱に入っているのですが、「じゃあ箱から一気に流し込んじゃえば」と思いついた子供がいて、一度投げ込まれた球を箱に集めた上で実行していました。こういう時に子供の発想は侮れません。

↓この船はマグネット付きの釣り竿で船体部分の中から魚を釣り上げられます。
ただこれも地味なのか、あるいは釣りにくかったり絡まりやすかったりするのが原因か、今ひとつ。一応、中に入ることもできるのですが……

段ボール遊具 船

段ボール遊具はここまでとして……
その他にちょっと面白いものとして、「カラーの墨を知っていますか展」というのがあって、来場者が色付きの墨を使ってみる実演の他、各方面の作品に色付きの墨を使用したものとして、釉薬のひび割れを墨で染めたカップ↓、

墨カップ

墨による色帯↓、

墨グラデーション

書家による書↓、

書

墨染めのTシャツ↓といった展示がありました。

墨Tシャツ

まあ、専攻の後輩と会うのが最大の楽しみなのですが。
今年度は私以来6年ぶりに男子学生も入学しましたし。研究分野も私と近くなる可能性がありそうです。

ルドルフとイッパイアッテナルドルフとイッパイアッテナ
(1987/05/20)
斉藤 洋

商品詳細を見る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。