スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学改革という狂気

そろそろ漫画かライトノベルの話にしようかと思っていましたが、気が変わりました。
まずは以下のリンク先の記事をご覧下さい。

 G型大学とL型大学

執筆者名(池田信夫)である程度は察するべきなのかも知れませんが、実のところ問題なのは、ここで取り上げられている、冨山和彦(株式会社経営共創基盤代表取締役CEOとのこと)氏の「プレゼンテーション」で提案されていることです。そこに池田氏が賛成しているか反対しているかは二の次でも構いません(確かに、賛成しているのも問題なのですが)。

それによると、「極一部のTop Tier校・学部以外はL型大学と位置付け、職業訓練校化する議論も射程に」とのこと。
そうすると「L型大学」の教育内容は以下のようになるそうです。

G型大学とL型大学
 (クリックで画像拡大されます)

……呆れてものも言えない、と言って済ませたいところですが……

使い古された言い回しだけれど、大切なことなので言いましょう。
新しいものほど早く古くなります。
すぐ役に立つことほど、すぐ役に立たなくなります。

「最新鋭の工作機械の使い方」なんて学んだところで、もっと新しい別種の機械が登場したらどうなるのでしょうか。
機械工学の基礎を学んでおいた方が、後々汎用性が高いと、思わないのでしょうか。

第一、「簿記・会計、弥生会計ソフトの使い方」も、「大型第二種免許・大型特殊第二種免許の取得」も、片手間で習得する人もいますし、仕事で必要になれば皆身に付けます。外国語で特定の内容を話すことに関しても然りです。
他所でも学べる、すぐに役に立たなくなる可能性も高いことを大学4年間も使って教えて、学生の人生4年間と教育機関のコスト、両面で莫大なリソースの無駄遣いだと思わないのでしょうか。
正気の沙汰とは思えません。

さらに言うと、実用的なことと言うのは基本的に、必要に迫られて覚えることです。
外国語会話でも仕事道具の使い方でも、必要がなければやる気にもなりませんし、覚えません。
しかし学生というのは定義上、仕事の必要に追われて学んでいるわけではないのです。
結局、何を教えようが、試験をギリギリで通過するだけで実用にはならない水準の学生を量産するだけの可能性が高いでしょう。
そしてまた「大学教育は役に立たない」「何を教えてるんだ」の繰り返しです。

本当に実践を教えようと思ったら、ほとんどの授業でインターンをやるしかないでしょう。
受け入れ先がないでしょうし、あったとして、それはもう「教育機関」ではありません。

それでいい、4年間インターンをやっていればいい、という声があるかも知れません。
曰く、いつまでも学校に行ってフラフラしてるからバカになる、まともな人間になるためには早く社会に出て働くべきだ、と。
しかし、そのように主張する「有識者」で、「自分の子供は是非とも中卒で工場労働者にしたい」と言う人がいるでしょうか。聞いたこともありません。

別に今回問題の論者がそうだというわけではありませんが、世の中にはやたらとプライドが高くエリート意識があって、当今大学が大衆化してレベルの低い学生まで自分と同じ「大卒」を名乗るのが許せない、という人がいます。
そういう人が自分の履歴書に名前のあるような「エリート」大学とそれ以外とを分けようとして過激な大学を唱えている、というケースがありはすまいか。

まあ、上記の点については、単に具体例がおかしいのだ、と言うこともできます。
ただ、もっと根本的な問題として、まずここで冨山氏が主張している「G型」と「L型」というのは、「グローバル」と「ローカル」の頭文字なのです。
この分け方は要するに「グローバリズム」という経済の問題であり、プレゼンテーションのタイトルから「我が国の産業構造と労働市場のパラダイムシフトから見る~」です。

「極一部のTop Tier校」というのは例えば東大・京大のようなところと思われますが、そうした大学はグローバル経済への貢献を本義としている、とでも言いたげです。

結局全ては経済の問題に還元され、金(カネ)でしか価値が判断できなくなっているようです。

「何だか分からないもの」を学び、長いスパンにおいて思いがけぬ形で役に立って、人生を豊かにする、教育の本義とはそういうものだと、繰り返し強調させていただきます。


【金が欲しくてたまらない人のチェック項目】
他人の家を見て、自分の家より大きいのは許せない、と思ったら黄信号。
わざわざ他人の家を見に行ってそう思っていたら赤信号。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。