FC2ブログ

蛇足かとは思いますが

先日の記事のついでに思い当たりつつ書いていなかったことがありました。
近年見た中で「弱い」のが特徴のヒーローと言えば、『仮面ライダー電王』でしたね。主人公・野上良太郎はひ弱で不運な青年である、というだけではなく、変身してもまだ弱いのです。イマジン(『電王』における怪人)が取り憑いて、それぞれのイマジンに合ったフォームになって、ようやく戦える強さになるという設定でした。戦っているのは完全にイマジンの人格です。ちなみに変身前でもイマジンが取り憑けば風貌も変化、声もイマジンのものになって、かなり強くなります。
これは明白に「変身前の人格」と「変身語のヒーローの人格」の分離でした。ただし、次第に良太郎自身の「強さ」が発揮されていくのも、『電王』のストーリーの重要な要素でした。まあ、都合4人ものイマジンに交互に取り憑かれながらも何とかやっていて、自分の意志で戦いに赴いてもいる良太郎が「弱い」はずはない、その点を避けてはやはり物語はできませんね。(この点が強調されていたのはむしろ、本編終了後の映画『さらば仮面ライダー電王』だったと思いますが)

この話はそれ位にして、大学に戻ります。
先日、講義棟廊下でデザイン(プロダクト系)と陶磁の学生による器が展示されていました。
講義棟の陶磁器展示

芸祭の展示等ではこういうものはあまり見ないと思いますが、これも良いものですね。(手作りだと高くつくだろうか、等と考えもしますが)
講義棟の陶器展示2

講義棟の陶器展示3
この手の実用品も卒業制作展には出ると思います(陶磁の作品は毎年お皿なんかが中心ですし)。

なお、今年度の卒業制作展は2月23日~28日、愛知芸術文化センター及び本学資料館にて。(入試が後期になった分、それと被らないよう今年から早まったようです)
                           (芸術学2年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告