スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日も遅くまで食事会でした

今年度後期はヴァンサン・ジロー先生がフランス語で行っている特別講義が楽しみの一つです。
受講者は他大学の人間の方が多い上、徐々に減っている気もしますが……

さらに、この講義の後には毎週夕食会(希望者参加)があります。
ジロー先生は会話ならある程度まで日本語もできますが、食事の席でも会話は基本フランス語です。
毎週宴会費を払っていると懐具合の方が問題なので、私は時々参加するくらいのつもりでいるのですが、フランス語の練習のためにも参加した方がいいのかも知れません。

私の場合、喋る以上に聞き取るのが苦手というか、何とかこちらの言いたいことは通じても相手の応答内容がよく分からないというのがままあります。頭のいい相手ならそれだけ言いたいことを汲んでくれることを思えば、これはありがちな場面なのかも知れません。
だから講義の内容も半分分かっているのかどうか……精進していきましょう。

 ~~~

話は変わって、先日『王手桂香取り!』についての記事で「作品の容量」という表現を使いましたが、無論これは単なる量的な大小ではなく、方向的・質的な違いのあるものです。
トレードオフの関係ということも、当然考えられます。
例えば、「モラトリアムとしての学校」やそれに類する枠の中でこそ描けるものもあるのであって、「ライトノベル的なラブコメ」も、実はその一種だったりはしますまいか(もちろん、学生主人公でないどころか学校のない世界を舞台にした作品でもラブコメ要素はあるものがたくさんありますし絶対とは言いませんが、しかしそうした世界観の違いはラブコメの質や方向性にも少なからぬ影響を及ぼしているようにも思われます)。

商業的な成否に対するその影響は当然、小さくはないでしょうが、作者には自分の持ち味を見失っては欲しくないものです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。