スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徹底して狭い範囲に波乱万丈あり――『ちおちゃんの通学路』

なかなか思うように進まないことの多い中、今回はこちらの漫画を取り上げさせていただきます。

ちおちゃんの通学路 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ちおちゃんの通学路 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2014/09/23)
川崎 直孝

商品詳細を見る

本作は一般誌に連載されていますが、作者の川崎直孝は主として成年漫画などを舞台に活躍してきた作家のようです。
私としては初めて読む漫画家でしたが、色々と衝撃的でした。

本作の主人公は三谷裳(みやも)ちお。眼鏡でいささかゲーム廃人気味の女子高生です。
本作は彼女の毎朝の通学風景を描きます。本当に通学だけです。
しかしどうしてこうなったか、毎日が波乱万丈です。

たとえば第1話では、徹夜でゲームをしていたせいで家を出るのが遅れた上、工事中で道が通行止めだったために遅刻しそうになります。
そこまではまだ、ありがちな風景です。
ところが、遅刻することで目立ちたくない上、思考がゲームに毒され気味の彼女が何を考えたかと言うと……

ちおちゃんの通学路1
 (川崎直孝『ちおちゃんの通学路 1』、KADOKAWA、2014、p. 9)

家の屋根を伝って登校。
目立ちたくないからとこうして工夫している彼女ですが、結果はかえって目立つような奇行に走っています(確かに多くの場合、学校の皆には知られず、何食わぬ顔で締めくくるのに成功していますが、本人も気付かぬところで注目を……)。

数々の予想も付かない展開の末にどうなるのか、第1話はネットで試し読みできるので、気になった方はご覧になってみて下さい↓。

 ちおちゃんの通学路

「試練」は遅刻だけではありません。
第2話では、クラスでも人気のある子・細川さんに挨拶されます。
これは自分に声をかけているのか、それとも自分の後にいる誰かに声をかけているのか、そこでどう返すべきなのか。
前者だとしたら無視するわけにもいかず、後者なのに自分が挨拶されたのと間違えて返すのは恥ずかしいし――

ちおちゃんの通学路2
 (同書、p. 45)

これだけのことで大仰な演出で3ページ以上もかけて逡巡した挙げ句、派手なリアクションを取るのだから恐れ入ります。

第3話では走り明けの暴走族と遭遇、第4話では同タイプの友達である真奈菜(まなな)と一緒に登校しているところで上述の細川さんが男子と歩いているのに遭遇、第5話では急な尿意から男子トイレに駆け込んでしまい……

ちおちゃんの通学路3

ちおちゃんの通学路4
 (第4話、同書、pp. 104-105)

もちろん、現実はゲームのように行くはずもないのですが、時にやたらと複雑でアクロバティックなアクションを成功させてしまう場面があり、その深読みっぷりにまたも唖然とさせられます。

狭い範囲に特化し、小さいことを大仰に扱い、話を不要にこじらせるというのは、ギャグの一つの定番ではあります。
しかしそれにしても「通学」だけとは!
登校した後の学校生活は、も全くと言っていいほどに描かれません。

ある種の驚くべき技を見ました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。