スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーションとディスコミュニケーションの間で――『二度めの夏、二度と会えない君』

今回取り上げるライトノベルはこちら。
『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』の赤城大空氏の新作です。

二度めの夏、二度と会えない君 (ガガガ文庫)二度めの夏、二度と会えない君 (ガガガ文庫)
(2015/01/20)
赤城 大空

商品詳細を見る

本作は単巻完結のタイムリープ青春物です。

主人公・篠原智(しのはら さとし)は受験生の高校3年生。
この3年から彼のクラスメイトとして転入してきた森山燐(もりやま りん)という、天真爛漫で行動力あふれる少女がいました。彼女はバンド活動禁止の校則に抗ってバンドを結成し、文化祭でライブを成功させるに至るまで、一夏を駆け抜けるように生き、そしてあっさりと難病で死んでしまいました。
しかし智の後悔は何よりも、別れの際に燐に好きだと告白し、拒絶されたこと――それゆえに燐を笑顔で逝かせることができなかったことでした。
その後悔を抱えて、引きこもって生きること2ヶ月――ある日彼は、燐と最初に出会った夏の日までタイムスリップしてしまいます。

当初は「前回」以上に燐を避ける智ですが、しかし物事の大筋は不思議と変わりません。
結局流れに飲まれ、前回同様にギタリストとしてバンドに協力することになる智。
ただ最後に、彼女に告白したことだけは無しにしようと心に決めて――

なぜタイムループが生じたのか、という点に関して原理的な説明は特にありません。
過去をやり直したいという想いを象徴するような事柄、と見ていいでしょう。

いずれにせよ、タイムループというのは通常、過去を変えるからこそ意味があるものです。
しかし本作の場合、智が再び燐とバンドを君でライブを成功させることを決意してからは、――最期を除いて――「前回をなぞる」ことこそが目標になるのです。
そして、そもそも前回と大きく異なる行動をしてさえ大筋は変わらなかったくらいですから、概ねは「予定通り」になります。

予想を上回る展開なくして物語とは面白くなるものなのか、と思われるかも知れませんが、しかしおそらく本作の見所はこの点にこそあるのです。
まず、途中の主たるイベントはバンドメンバー集めですが、仲間たちの加入時のエピソードは微細な偶然に左右されるもので、果たしてもう一回上手く行くのか、という緊迫感を込めることは忘れません。

それに、この後の喪失を知っている智の心境は当然ながら、一巡目とは全く違います。
ライブの「成功」については以前と違って確信があるのに対し、もう一度燐と過ごせるという喜び、この夏のかけがえのなさに対する強い自覚、別れの苦さがずっと付きまとっているのです。
バンドメンバーが登場する時に、燐の死後における彼らの反応が描かれたりすることで、その苦さはいっそう強調されます。

そして何よりも、彼が燐への想いを封印し続けている様は悲痛です。
それが燐を傷付けずに見送るためだから、と……

が、それだけでなく、なぜか行動や出来事の基本的な流れは同じでも、燐の反応には時として前回と違うものが見られます。
このことは、二人の心的距離には大きく影響せざるを得ません。

物事の流れは同じ、しかし心情だけは違っている――そこが本作の醍醐味です。
もちろん、そうした心的距離のズレは、後半になると物事にも影響を及ぼし、やがて新たな困難にも繋がるのですが……。

 ぞっ、と背筋に悪寒が走った。
 この会話は本来、俺と燐が交わしたものだった。
 それがいま、俺の役目を会長に変えて、まったく同じに進んでいる。
 クラスメイトが「智のやつもあのミーハーな転校生の仲間かよ」と奇異の目で見てくるこの空気も記憶にあるとおりだ。
 俺が過去と違った行動をとっているのに、実際過去とは違うことが起きているはずなのに、流れが変わらない……?
 (赤城大空『二度めの夏、二度と会えない君』、小学館、2015、pp. 63-64)


こうした描写は、変えられない運命のようなものを思わせるに十分でした。
本作の場合、タイムループ自体にこれといった説明がないのですから、設定上何が変えられることなのか、もちろん明言はされません。
ただし、その線引きはかなりはっきりしています。

出来事は変えられずとも、意味は変えられるのです。


また、この手のタイムループ物において、タイムループする主人公はゲームのNPCに対するプレイヤーのように、他人とは次元の異なる時間を生きており、それゆえに絶対的に孤独です。
基本的に、自分は未来からやって来た、未来を知っているからと言っても、信用されるとは思えませんし。
これはループ物と「セカイ系」の繋がりにも関わるポイントです。

もちろん、ループ物の構造を保ちながらそうした「セカイ系」的引きこもり構造を破るような作品も生まれました。アニメ『Steins;Gate』はそうした一例でしょう。
ただし本作においては、まず主人公が決して自分の想いを打ち明けることができない、という状況があります。それゆえ、彼はループ者の孤独を破り得ず、一人悲痛な想いを抱えて前回をなぞるしかないのです。

しかし、そうすることで彼の立場は、自らの余命がないことを伏せて元気に明るく振る舞う燐の立場と重なります。

 ズキズキと胸が痛む。いまにも笑みが崩れて叫びだしそうになる。
 それでも燐が笑ってくれているのなら、痛みも悲しみも、隠し通さなければならないと思った。
「……」
 そこでふと、燐の笑顔も、同じなのではないかと気づいた。
 燐はその短い時間を最大限楽しむために。燐自身はもちろん、周りの人間も含めて最高の時間を過ごせるように、自分の身体のことを悟らせまいと振る舞っているのではないのか。
 どうせ終わりがくるのなら、それまでの時間をすべて幸せで埋め尽くせるように。
 胸に走る痛いも切なさも、すべて隠して、彼女は笑っているのかもしれない。
 なら、俺も。
 (同書、pp. 114-115)


かくして、燐の余命のことも知らなかった「前回」には、決して察する余地のなかった燐の気持ちに触れられるのです。

お互いに肝心なことは決して伝えることができない、だからこそ深いところで相手を理解し、共鳴することができる。ここに恋愛における絶対的な(ディス)コミュニケーションが――コミュニケーションの非対称性と対称性との間があります。

元々「難病物」というのは、死別を予定付ける泣かせの技法の一つです。
本作はさらに、そこにタイムループによる一巡目のなぞりという要素を重ねることで、宿命付けられた死別を二重に保証しています。
この二重化は、上述のような主人公とヒロインの特異な双方向性を描く上でこそ、意味を持つのです。


意味は変えられる――と言いましたが、実のところ時間移動などしなくても、私たちは物事の意味付けを改竄することができます。
その意味で、本作の結末は、智が自分の頭の中で燐の最期に関する解釈を変えただけ――というのに近い面もないではありません。その意味でもタイムループは象徴的意味を持っています。
それでも、それのみに留まるのではなく、「夢幻の中から少しだけ物証を持ち帰った」かのような締めも巧みで、切なくも爽やかで美しいエンディングになっています。

楽器店の店長やバンド禁止派の急先鋒で嫌われ役の校長など、周辺人物の事情に関しても色々と匂わせながら多くを語らず。
色々と裏読みの余地もあります。
それもちょうどよい味わいだったかと思います。

完成度の高い秀作でした。

 ―――

本作と『下ネタ』はジャンル的には共にSF青春物と言えるかも知れませんが、むろん要点はそういうところではありますまい。

毎ページのように下ネタ、言葉遊びの溢れる『下ネタ』と違って、文体は至極真面目。
ヒロインも奇を衒わず魅力的で、これだけでも作者の多芸なところは十分に見られたかと思います。

ただ、やけに頑なに自分を殺そうとする主人公とヒロインのすれ違いなどは、『下ネタ』でも見てきた要素でした。
本作はそうした心情に物語の軸を絞った分、単に「すれ違いを乗り越える」ところを落としどころにするのではなく、もっと繊細な機微を描くことに成功していますが。

何より、多層的な問題をきちんと腑分けして、要所で魅せる作者の才覚に関しては私はずっと評価していたので、今回新趣向に挑んでもやってくれると信じていた――と言えば、いささか後知恵に過ぎるでしょうか。


ニーチェ―〈永劫回帰〉という迷宮 (講談社選書メチエ (165))ニーチェ―〈永劫回帰〉という迷宮 (講談社選書メチエ (165))
(1999/09)
須藤 訓任

商品詳細を見る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。