スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタジー的伝統工芸――『φの方石 ―白幽堂魔石奇譚―』

全くどうでもいいことですが、今年の新番組『Go! プリンセスプリキュア』の初期メンバーは3人です。
そして3人目のキュアトゥインクル――天ノ川きららのファッションモデルという設定とツリ目を見ていると、『放浪息子』の末広安那を思い出してしまいます。
いや、きららは一度プリキュアに変身しておきながら「仕事が忙しいから」と変身アイテムを返すほどの自由人で、「はるはる」「みなみん」と他メンバーに渾名を付けるなど割と軽いノリで(仕事には非常に真面目で自分に厳しいのですが)、性格的にはまるで似ていないのですが。

 ~~~

それはそうと、今回取り上げる小説はこちら。
第21回電撃小説大賞の「大賞」受賞作です。繰り返しますが、近年の同賞は大賞作品を2本選出し、それぞれ電撃文庫とメディアワークス文庫から出版する倣いになってますので、“メディアワークス文庫枠”の大賞作品ということになりましょうか。

φの方石 ―白幽堂魔石奇譚― (メディアワークス文庫)φの方石 ―白幽堂魔石奇譚― (メディアワークス文庫)
(2015/02/25)
新田周右

商品詳細を見る

本作の舞台は現代日本ですが、ただ「方石」という独自のファンタジー技術が伝統工芸として存在している世界です。
「方石」は普段は立方体の石ですが、瞬時に衣装に変化して着装できるという変身アイテムのようなもので、ものによっては加えて身体能力を強化したり、他人の幻覚を見せたりといった特殊効果もあります。

神与島は方石技術のメッカと言われる地で、方石職人の養成機関「珀耀教院」が存在しています。
主人公の白堂瑛介(びゃくどう えいすけ)はその神与島で、方石の修繕専門の工房を営む17歳の若き職人。
そんな彼のもとに、教院の新入生の少女・黒須宵呼(くろす よいこ)がインターンステイしてくることになります。
工房などへのインターンステイは基本的に教院の学生全員に義務付けられているのですが、彼女はこの教院には珍しい全くの初学者だったために、当初予定されていた受け入れ先に拒否されたという事情があったようで……

それから、色々と事件を引き起こしたりするいわくつきの方石はしばしば「魔石」と呼ばれて恐れられ、それゆえに破壊されたりすることもありますが、「方石に罪はない」を信条とする瑛介は、魔石を探し出して引き取ることもやっています。
そして現在、彼は盗まれた魔石を追っています。

魔石の連続盗難事件と、宵呼の持つ非常にレアで特異な方石「梔子連作」の一つ、そして瑛介と宵呼の過去に抱える事情が絡み合った物語の構成はなかなか巧みで、騙しや驚きの展開も上手く仕込まれています(瑛介の身の上に関わる真相については、驚きすぎて「これじゃ何でもありすぎてちょっと……」と思う向きも少なくないでしょうが)。

ただ――
主人公の瑛介は毒舌で人付き合いの悪いイケメンで、宵呼は中学時代友達がいなかったという弱気で地味な少女です。
この取り合わせを見ても、瑛介視点のパートと宵呼視点のパートが半々に近い、つまりヒロインである宵呼パートが比較的多いところから見ても、キャラ面では女性向けという印象の強い作品です。

しかしストーリーはと言うと、『電撃文庫MAGAZINE』掲載の短編(実はこの短編、Web でも公開されていますが)を読んだ時点では、専門職の主人公の元に持ち込まれる依頼、それに人情譚的な締めと、女性向けのキャラクターと合わせて最近のメディアワークス文庫的なテイストだと感じました(ライトミステリ要素があればもっとそれらしいでしょうか)。
が、本編を読んでみるとだいぶ印象が違いました。件の短編のような話の連作でもなく、あくまで瑛介と宵呼を巡る長編ですし、第一「方石」というギミックによる異能バトルの要素もあります。
異能バトルありの現代ファンタジーとなれば、むしろ電撃文庫向けなわけで――

実際、どちらに注目するかによって、本作を「むしろ電撃文庫向けだった」と見るか、「今まで以上に最近のメディアワークス文庫の傾向が出ている作品」と見るか、はっきり感想が分かれるようです。
まあ、既存のカテゴリのいずれか収まらねばならない道理はないわけで、これが独自の持ち味となる可能性もあります。ただ他方で、中途半端と見えて評価も相応になる可能性も、あるでしょう。

メディアワークス文庫の路線で本作を見た場合、やはり「方石」はあくまで架空のものなので、工房風景やら歴史やら様々な問題やらを丁寧に描かれても、現実に存在するものについての蘊蓄と同水準では読めません。
その点で、『ビブリア古書店の事件手帖』に代表される専門職モノと同列には置けないし、またそういう視点で読むべきでもないでしょう。

たとえば、方石には経年劣化があり、寿命は20年程度と短いものです。
そして、寿命を延ばすために努力すべきなのか、式を解析し複製して同じものを作ることに尽力すべきなのか、という問題が出てきます。
このテーマそのものは良いのですが、しかしそれが修繕職人である主人公と複製派の敵役との間で善悪の論争に展開するのを見ていると、現物ではなく技術の継承と保存に携わっている人はどんな顔をして読めばいいんだろう、と思ってしまいます。
もちろん、唯一「そのもの」であることに意味があって、複製しても意味がない、という場面はありますし、ましてやそれがモノでなく人間であれば言うまでもありません。ただ、それを十把一絡げに一般論にできるかどうかは、話が別です。

とは言え、おそらくそれは杞憂というか、本作の設定は現実に存在する何かのメタファーとして際限なく拡張するような読みを求める類のものではないのでしょう。
あくまでこれはファンタジーなのです。

他方で、ファンタジーとして見た場合、比較的地に足の着いた描写で、「そういうもの」の設定をなかなかに作り込んでいるものだと言えます。
ただ、葛飾北斎とか平賀源内とか、まるで分野も異なる歴史上の有名人が方石の作者として登場したり、歴史上記録にある最初の方石は藤原道長の長女彰子に送られたものであるとかいう記述が出てきたりするのを見ると、いささか安易に有名人の名前をつぎ込んでいる印象も否めません。
(北斎作というのは、北斎が原画を描いて版元の職人が版木を彫った版画と同様、北斎が手がけたのはデザインだけという可能性も考えましたが、それだと特殊効果は誰の設計によるものなのかよく分かりません)

他にも、教院の課程がわずか2年間であることとか、暗黙の前提として教院は初学者お断りと言いつつ入学しようと思えばできるとは入学試験はどうなっているのかとか、細かいことを気にしだせば色々とできますが、しかしこの程度なら実際「細かいこと」で済んでいると言うべきでしょうか。

これまた、どこに着目するかで結構評価の変わってくる作品ですが、さてどうなるでしょうか。一応完結しつつ、続編も可能な締めになっていますが、どれくらい続くことになるのでしょうか。
作者の手腕はなかなかのものがあると思うのですけれどね。

 ―――

現物の保存か複製かというと、月並みな話ですが、ヨーロッパでの「世界遺産」はやはりモノが古いことを基準にしているので、20年ごとに遷宮で建て替えている伊勢神宮のようなものはなかなか認定されません。
しかし、技術を伝えることで半永久的に同じ機能のものを保存できるという知恵も、評価すべきではないでしょうか。
いや、伊勢神宮の場合、建物の形態もまったく昔のままというわけではないようですが、使う道具からして古い時代の技術を使い続けているのは、事実なのです。

伊勢神宮と天皇の謎 (文春新書)伊勢神宮と天皇の謎 (文春新書)
(2013/03/19)
武澤 秀一

商品詳細を見る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。