スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連日帰りが遅くなるので体力(と会費)が問題です

昨日は研究室の新入生歓迎会でしたが……が、何と学部の新入生(3回生から先週振り分けなので、3回生です)は一人も来ず。
最近の学生はこういう集いに乗り気でないのかも知れませんが、それにしても普段あまり合わない学部生と会う機会だと思ってみると、以前からいる院生ばかりのところに高い会費を払って参加しているという実態……

ちなみに、本来学部生向けの演習も、学部生の出席者は見る間に消えていくのが例年の傾向です。
こちらの演習では院生がチューターとして授業をするのですが、学部生相手に話をするつもりで来たら院生ばかりというこの事態……私は当てが外れると割とやる気をなくします。

そんな中、今年から新加入の「新入生」というと他大学の学部からやって来た院の新入生と、聴講生(年配者を含む)だったりします。
しかも、今年から新加入の聴講生には、すでに他分野で実績(単著も)がありながら、大学の専任教員の職を辞して聴講生としてこちらにやって来たという方がいました。しかも全くの異分野への転進というわけでなく、元々人文学分野の出身者だけに、いっそう意外なものがありました。
定職を辞して新たに勉強を始めるというのは中々に勇気が必要なもの。しかも、こと大学教員という職は応募者の数に対して間口が狭くなっているだけに、誰もが驚く話でした。

私はちょうどその方の著作を読んだこともあり、(私の専門ではないものの)関心ある分野に少なからず重なりがあったこともあって、色々とお話させていただきました。


そして、今日は日本とフランスの研究者が集まる国際シンポジウム(大阪梅田の関西学院大学キャンパスにて)に行ってきました。
京都に来てから、この手のシンポジウムは想像以上にたくさん経験していて、海外の研究者とも結構会った気がします。
相変わらず私が会話は苦手なのでアレですが……向こうの研究者と恒常的な交流を築ければ、と思ってはいるのですが。
発表内容について質問したりできればともかく、今回のシンポジウムは決して私の専門分野ではありませんでしたし。
このシンポジウムは明日もあるので挑戦してきます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。