スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ『絡新婦の理』連載開始

本日(5月20日)発売の『マガジンspecial』Vol.6からいよいよ京極夏彦『絡新婦の理(じょろうぐものことわり)』のコミカライズが連載開始されました。漫画家はもちろん引き続き志水アキ氏です。
角川書店から講談社へ、掲載誌ばかりか出版社も移動してのシリーズ新作です。



 (原作小説についての記事

実は今回、(保存するには良いかと思い)雑誌を電子書籍で買ってみたのですが、ビューアを立ち上げた際に不具合、再起動するも上手く読み込めないなど散々でした。
どうも漫画の場合、テキストのみよりも情報量が多いので形態が変わることが影響しているようですが、主な原因は我が家のPCの性能のようです。
だいたいコンピュータは余計なプログラムを入れるとどんどん劣化するのであって、こういうリスクを考えると電子書籍は割に合わないという私の思いはますます強化されました。

閑話休題。漫画の話に入ります。

本作の原作は時系列的にはラストとなる京極堂と真犯人の対決が冒頭に来る構成になっており、その後の第1章は刑事・木場修太郎が連続殺人鬼「目潰し魔」の事件を追う話だったのですが、意外なことにこのコミカライズは原作第2章の呉美由紀パートから始まりました。

絡新婦の理 第1話カラー

原作だと「学校は石で出来ていて、迚(とて)も冷たい」で始まるこのパート。
学校を檻に喩えるモノローグもちゃんと原作をなぞっています。

まあ、真犯人との対決はさすがに、絵にすればそれで犯人が分かってしまうのでそれを外すのは当然の処置ということでしょう。
この京極堂と真犯人の対決するプロローグの最後が「それが、絡新婦の理ですもの」という台詞で締められているので、個人的にはここでタイトルロゴが入る流れまで頭の中で映像化されていたのですが、まあそれだとアバンタイトルが長くなりすぎるでしょうし(小説にして8ページ)。
そもそも、自分の頭の中ですでに映像化されているものは人に描いて貰わなくていいという考えもありますね。

それはそうと、女学生が主役のパートから始めるのは掲載誌(少年誌)を考えてのことでしょうか?
原作の構成だと、プロローグと章間のパートを除けば概ね時系列順になっているのですが、過去の出来事を説明している箇所も多いですし、そこに絶対的にこだわる必要もないのかも知れません。
京極作品で一番気に入りのヒロインである呉美由紀が思ったより早く見られたのは嬉しい限りです。

上のカラー見開き右にいる二人組の左、背の高い方が美由紀です。
長身でアクティブで、親友の小夜子(カラー見開き右の方)に比べると自分は女の子らしい可愛さがないと思っている(でも榎木津に言わせれば可愛い)と、そんな彼女のイメージがよく出ています。

絡新婦の理 第1話1

芯が強くて、基本は庶民ですけれど(父親は水産会社社長ですけど要するに漁師の家)、生徒同士だと「~てよ」と女学生言葉らしいものも。

絡新婦の理 第1話6

小夜子を気遣う美由紀の関係は、原作よりもだいぶ百合の雰囲気が強めでしょうか(これは『ルー=ガルー』のコミカライズでもそうでしたが)。

絡新婦の理 第1話5

キリスト教ミッション系学園の建物や、修道服をイメージした制服もよく雰囲気が出ています。

絡新婦の理 第1話4

絡新婦の理 第1話3

そして重要なギミック「黒い聖母」
この像の前で殺したい相手を呪うと、その相手を殺してくれるという噂があるのですが……

絡新婦の理 第1話2

原作を読んでいると、この像の然るべき特徴をちゃんと描いていることが分かります。この辺も抜かりなし。

内容としては、原作第2章の始まりから半ばまで。このペースだと次号で一区切りになると思われます。
物語の展開にはまだ絡みませんが、最後に京極堂も顔見せ。

それから、同誌には京極夏彦・志水アキ両氏の対談も掲載されていました。
短いものですが、「大人になること」を主題としつつ、このコミカライズに当たっての両氏の態度にも触れていました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

始まりは学園オカルトから――『絡新婦の理』(漫画版)1巻

さて、いよいよ京極夏彦『絡新婦の理(じょろうぐものことわり)』のコミカライズ単行本1巻が発売されましたので、今回はそれを取り上げさせていただきます。  (原作小説についての記事)  (連載時の記事 → 第1話 第2話 第3話 第4話) 作品の基本構造については原作についての記事で、そしてコミカライズのされ方(原作との対応、改変、キャラクターイメージなど)については連載各...
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。