スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「先生」の伝えたかったこと――『暗殺教室 15』

気が付けばこのブログも20万アクセスを達成しました。

 ~~~

それはともかく、今回は、一つの佳境を迎えつつある漫画『暗殺教室』の最新15巻を取り上げさせていただきます。
ただし手短に。その理由は内容によるものです。


 (前巻の記事

前巻ではA組と最後の対決となる2学期の期末試験に勝利したE組。
これは、A組の担任として自らE組との対決に乗り出した理事長への勝利をも意味しており、結果として、A組の生徒たちでさえ理事長に異議を唱えることになりました。
業を煮やした理事長は、ついに自分のやり方で殺せんせーを殺すべく勝負に出たのですが……それはむしろ彼の底を見せる結果となってしまいました。
そしてついに明かされる理事長の過去……というところで引きでした。

その前に、すでに前振りはありました。

教師となる理由1

教師となる理由2

「そもそも人に何かを教えたいと欲する時 大きく分ければ理由は2つしかありません
自分の成功を伝えたい時と 自分の失敗を伝えたい時」
 (松井優征『暗殺教室 14』、集英社、2015、pp. 101-102)


そして、今までにも何度となく描かれていた、殺せんせーと浅野理事長が対照的な教育方針を持っているようでいて多くの点で通底し、同じく熱心な教育者として同じ問題に向き合っていることは、「何かを教えたいと欲する」理由に関しても、両者が同方向であることを示唆していました。
今巻は理事長の過去から始まるわけですが――

暗殺教室15巻1
 (『暗殺教室 15』、集英社、2015、p. 11)

あれほどえげつない存在であった理事長に関してすら、締めは爽やかでした。

暗殺教室15巻2

暗殺教室15巻3
 (同書、pp. 37-38)

それから物語は、よりにもよって年末に行われる演劇発表会で、まさかの殺せんせー主役実現。
シリアスなストーリーの比重が高かったこの巻にあって思い切り笑わせてくれたエピソードでした。

暗殺教室15巻4
 (同書、p. 58)

そんなエピソードを挟んで物語は急展開、一人のクラスメイトが思いがけない正体を見せます。

暗殺教室15巻5

暗殺教室15巻6
 (同書、pp. 69-70)

この点に関してのネタバレはやめましょう。読んでいただくのが早い。
ただ、言われなければまず気付かないレベルのディテールながら、実は序盤から伏線もあったという。

そして、彼女の過去が殺せんせーに関係していたことから、ついに殺せんせーの過去が語られる、というところで今巻の引きです。

暗殺に成功した後で知る機会はいくらでもある、と言って頑なに過去のことを語ろうとはしなかった殺せんせー。
しかし、彼と過去の因縁があるクラスメイトの登場により、皆が納得するためにも全てを語らざるを得なくなります。
そういう意味で必要なステップとしてこのエピソードを挟みつつ、同じく「悔いた」過去があって教育者をやっている浅野理事長と対比する、全てにおいて計画的で見事な運びです。

まあ先生の過去については、まず第1話のこの回想がありました。

殺せんせーの過去
 (『暗殺教室 1』、集英社、2012、p. 52)

それから、殺せんせーの前任者、前年度の3学期までE組の担任でその後姿を消したという「雪村先生」に関する前振りを考え合わせれば、この回想で殺せんせーにE組の生徒たちを託した女性こそ「雪村先生」であることは当然予想できる範囲内でした。
その意味で全ての布石は過不足なく嵌り、なおかつ新鮮な衝撃を与えてくれる――そんな、よく構成された長編の見所が詰まった展開です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

先生の真実、生徒たちの迫られる決断――『暗殺教室 16』

今回取り上げる漫画はこちら、いよいよ佳境の『暗殺教室』16巻です。  (前巻の記事) 今回はいよいよ、殺せんせーの過去が描かれます。 とはいえ、彼が元人間で、人工的に超生物へと改造されたことは、以前に説明がありました。 かつて何者だったのかは、この過去編に入るに当たって、前巻の引きで語られていたこと。  (松井優征『暗殺教室 16』、集英社、2015、p. ...
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。