FC2ブログ

予備的「萌え」考

(以下の話は、特に作品の内容考察に関わるものではありません)

谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』の台詞にこんなのがありました。

「学校を舞台にした物語にはね、こういう萌えキャラが一人は必ずいるものなのよ。言い換えれば萌えキャラのあるところに物語は発生するの」(p.129)

突っ込み所が多いのは作者の意図するところでしょうが、私はここである1点を気にしたいと思います。
すなわち、「萌えキャラのあるところに物語は発生する」のか、それとも「物語があるから萌えキャラは萌えキャラである」のかということです。
物語の中、特定のシチュエーションにいてこそ「萌える」のだ、といった嗜好のことは脇に置いておいて良いですから、以下のような思考実験をしてみてはいかがでしょう。すなわち、何も「物語が発生」しないということは「物語られない」ということであって、誰にも語り伝えられないのですから、「萌えられる」こともありません。
ここで、誰も「萌えて」いなくても、ある性質を備えた人物は潜在的には「萌えキャラ」であるのだ、という反論が考えられるでしょう。すなわち問題になるのは、「対象がそれ自体の特性として“萌えキャラ”であるから萌える」のか、「萌えたから対象が“萌えキャラ”であったことになる」のか、ということです。
ハルヒは無論、前者の考えでいます。上記の台詞の続きも引用してみましょう。

「みくるちゃんというもともとロリーで気が弱くて、でもグラマーっていう萌え要素を持つ女の子をさらにメイド服で装飾することにより、萌えパワーは飛躍的に増大するわ。どこから見ても萌え記号のかたまりよね。もう勝ったも同然ね」

つまり「ロリー」「気が弱い」「グラマー」「メイド服」といったものは「萌え記号」であり、それを備えているキャラはそれ自体で「萌えキャラ」であるという訳です。
東浩紀『動物化するポストモダン』での「萌え記号」という言葉も同じような意味で使われていました。そもそも「萌え記号」という言葉自体、ネット上で「萌え」を語る人々が日常的に使っていたもので、こうした考えは「萌えオタク」を称する人にとっては周知のものだったのではないかと思います。
しかし「萌えとは何か」と語ろうとする時、まさにこの点にこそ混乱があるのではないか、と思うのです。
(機会があれば続くつもりです)
                           (芸術学2年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

「萌え」考 1

「“萌え”の定義とは何か」と言った議論はよくあって、私もネットの掲示板の上で関わったことがないではありませんが、大抵結論は出ません...
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告