スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初から最後まで間違い

忙しい中、明日から出かける予定なので、最近思ったことを少しだけ。

先日取り上げた『里海資本論』に、東京や大阪は古い都市である分、下水道の設備も旧式で質が低く、それゆえに東京湾や大阪湾は汚れている、しかし誰も東京や大阪の下水設備を一新すべきだとは主張しない――という話がありました。

そう考えてみると、国立競技場に金を掛けている場合かどうか、明らかではありますまいか。
国立競技場と東京湾とどちらが大事なのか。
競技場は食えないけれど、東京湾は食べ物を生み出すことができる(現在の汚れた東京湾でさえ、そこそこの生物はいるのです)、そして人は食わねば死ぬ、時にはこの当たり前のことに立ち返ってもいいでしょう。

国立競技場の件がどこで間違ったのかということに関しては、私の考えは2年前(「果たして喜んでいられるものか…」の記事参照)から変わっていません。
そもそも五輪を誘致すべきではありませんでした。

だいたい今の暑さを考えてみていただきたい。
この暑さの中、8月に東京でオリンピックをやったら、死人が出るおそれはないでしょうか。
2020年に気候が急変して寒冷化している可能性に賭けるのは無謀でしょうし。

思えば株価の上昇がどうの競技場に何千億円だの景気のいい話が連呼される中、震災と原発事故のその後の話をすっかり聞かなくなりましたが、東北はすでに復興が済んでさぞかし豊かな暮らしを謳歌しているのでしょうね?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。