スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国家百年の計」と「結果オーライ」

唐突ですが、集団的自衛権については、以前の記事で書いた考えは基本的には変わっていません。

今一度、具体的に考えてみましょう。

たとえば、ホルムズ海峡は中東産の原油を輸送する上での要衝です。
ではホルムズ海峡が封鎖された場合を想定するなら、どうすべきか。

どう考えたって、そんな危険を冒さねば輸送できない石油に頼らないのが、一番安全です。
そんなことを言ったって、多くのエネルギーを石油に頼っているのに、それをいきなりなくすわけにはいかないだろう、と言われるかも知れません。
それはそうです。
しかし、たとえ海峡封鎖で輸入ルートが断たれなくとも、現存するほとんどの油田の採掘量のピークはすでに超えています。これから既存の油田からの産出量は減る一方で、世界のエネルギー消費量はますます増えていくでしょう。
石油に限っても、産油国は中東だけではありません。日本近海にだってメタンハイドレートの埋蔵もあります。代替エネルギー戦略というのは、決して考えることのできないお話ではありません。

一気に石油への依存をゼロにすることはできませんが、徐々に切り替えを図ることは不可能事ではありません。問題は全か無かという話ではないのです。

余談ながら、私は夏の登山の帰りには富山県魚津市(8月には全日本大学女子野球選手権大会が開催される街でもあり、毎年そのポスターを見ます)に行って海の幸を食べていますけれど、まさにその街で水揚げされた海の幸でさえ値上がりしているらしく、店内には「原材料の値上がりにより~」云々という告知がありました。
最大の原因は、漁船の燃料費のようです。そりゃそうだ。
これは局所的な話ですが、大局的に見ても石油なんてこれから足りなくなる一方だろう、とは言えます。

さてその上で、やはりホルムズ海峡を通って輸入する石油にある程度までは頼らざるを得ないとなれば、どうするか。
紛争によってホルムズ海峡が封鎖される場合、一番の当事者は中東諸国なのは明らかです。
ならば、まずその「当事者」たる国との関係でどう動くか、が問題ではありますまいか。

さらに言えば、石油の問題は世界中の国々にとって重大事ですから、世界各国が利害において関わってきます。
そんな各国との関係において、我が国はどう振る舞うべきか、それが国防戦略というものでしょう。

しかし日本の場合は、「今まで以上にアメリカの軍事行動に従うことにしました。その一例としてホルムズ海峡が封鎖された場合の機雷除去作業があります」です。

これでは目的と手段が転倒していると言わざるを得ません(仮にそれ以上の考えがあるのなら、それをまともに説明できる人間がいないということで、別の意味で事態は深刻です)。

それでは、たとえ結果として取った選択が正しくとも、結果オーライに過ぎません。そこに国防戦略はありません。

ただ、これだけ目的と手段が転倒するからには、多分最初から「国防」以外のところに目標を置いているのだろうな、とは言えますが。
話はそれだけのことです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。