スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『究極超人あ~る』28年ぶりの続編!

すでに遅ればせのような気もしますが、週刊『ビッグコミックスピリッツ』の42・43合併号で、ゆうきまさみ氏の『究極超人あ~る』の新作短編が掲載されました。



究極超人あ~る

『あ~る』の連載既刊は1985~87年ですから、実に28年ぶり。
いや、その間にも2012年に発表された特別短編「究極戦隊コウガマン劇場版3D」(『ヒーローズ・カムバック』収録)がありましたが、今回のは正真正銘最終回の続編で、春風高校の4年生(!)になったR・田中一郎とその他光画部の一同が描かれます。
今描かれてもまるで違和感がありません。

さらに、今回の読み切りは前後編ですが、どういうわけか後編は『月刊!!スピリッツ』11月号(9月26日発売)にて掲載。



ただ、この『月刊!!スピリッツ』11月号のKindle版を読んでみると、前編の方も掲載されていました(紙の方は書店になかったので未確認)。この1冊だけ買えば良かったということに……


作中年代は当時のままのはずなのですが、「ゆるキャラ」なんて現代用語を出して「聞いたことない言葉ですう」と言ったり、「『○トウのごはん』は一九八八年から発売なのでまだ売ってませんよ」と言ったりとところどころに入り込むアナクロニズム
これもとぼけたギャグの一環として回収できてしまうのが本作の持ち味。

あ~るはご飯のみをエネルギー源をするアンドロイドで、本編では「おかゆライス」なるメニューを食していたこともありましたが、今回はなんとそのネタの発展で、餅と米だけで作れる独自のメニューを探ります。
(ちなみに今更のようにあ~るに「塩大丈夫なのか」なんて言ってますが、米製品であれば煎餅が食える時点で多少の調味料は大丈夫なはず。彼にそういう理屈をどれほど意味を持つのかはともかくとして)

すぐに勝負を始める鳥坂さんにノリのいい面々、「金を出せ」で使われる鰯水と全く変わっていません。
そもそも鳥坂さんが「塩を用意しなかった」と言っていたのがその発端の一つだったのにいつの間にか塩にぎりができているとか、そもそも鳥坂さんは出勤前で「そんなヒマはない」と言ってなかったか、なんてことはどうでもよくなるこの空気。

前編ではアメリカ人のレオナルド根岸(通称ベンジャミン)やあ~るの妹アール・デコは姿が見られませんでしたが(特にベンジャミンは、彼と同じ1年生の二人はちゃんと出ていたのに)、後編では期待通りに彼らの姿を見ることができました。
というか、後編は本編終盤に物語を動かすキャラとして登場したアール・デコの補完エピソードだったという感じです。

アール・デコ1
 (ゆうきまさみ「究極超人あ~る」『月刊!!スピリッツ』2015年11月号、p. 704)

ボケっぱなしの兄よりはまともなところもありますが、あの成原博士の作ったものだけのことはあって、やはりポンコツ(身体から出るコードで炊飯器を動かして飯を炊くという兄の持っていた機能も搭載していませんし)。
役立たずの兄に代わって作られたはずの自分のどこが優れているのか悩み出してしまう辺りが可愛い。

アール・デコ2
 (同誌、p. 716)

本編の最終回では当然のように光画部の春の撮影旅行に同行していた彼女ですが、正式に春高生なのかどうかは不明。
もっとも、生き霊として部員扱いされるのが先で春高に転入してきたのが後の天野小夜子のような例もあるので、何でもいいのでしょう。
今回の一件で彼女が光画部の一員となったのは確定でしょうか。
他にも彼女が今でも成原家に暮らしていることも分かったり、実りの多い話でした。

それにしてもあ~るの原価の安さ……まあ殺人破壊光線砲(のはずが赤外線照射装置)を1,980円で作る成原博士ですからね。

全てにおいて懐かしく、そして変わらぬ楽しいこの空気。またいつか見たいものです。




















にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。