スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルシニアの少女――『彼女が捕手になった理由』

今回取り上げるライトノベルはこちら、一迅社文庫の新作です。



作者の明日崎幸氏に関してはこれが初の著作で、経歴はよく分かりません。
タイトル通り、直球の野球物です。

題材はリトルシニア、つまり中学生の硬式野球。
キャッチャーの阿瀬新助(あぜ しんすけ)は強打だが守備に難あり、ピッチャーの司城龍宏(しじょう たつひろ)は剛速球投手だがノーコン、センターの石井玖郎(いしい くろう)は守備範囲は広いものの弱肩、そしてショートの本摩敬一(ほんま けいいち)は一塁以外の内野手としては極めて不利な左投げ……と白倉柏シニアは能力の高い選手がいるもののちぐはぐで、せいぜい2回戦止まりのチーム。
そんなチームにやって来たのが、名門チームの黒岡早良シニアで控えキャッチャーだった少女梶原沙月(かじわら さつき)です。

彼女はまず捕手として阿瀬に駄目出し、ポジションを奪うと、一気に連鎖的にコンバートを進め、チームを変えていきます。
はっきり「全国」という目標を掲げて……

癖のあるメンバーを適材適所で活かし、最初は沙月にいい顔をしなかった者もいるものの、徐々にチーム一丸をなって勝利を目指す……と、スポーツ青春小説の王道を行きます。
主人公は左投げのショートでピッチャーに挑戦させられる本摩敬一ですが、他のキャラの視点のパートも多く、とりわけ沙月と彼女にポジションを奪われる阿瀬には各一章ずつを割いて、お互いに心を開きチームメイトになっていく様子が描かれていて、実に爽やかです。

とりわけ、「女だから」と冷たく見られることも多い中で頑張り、チームメイトに辛辣な駄目出しもしますが、弱いところも見せる沙月が可愛いですね。
(実際、現実にも「女であることが野球を続ける障害になった」というエピソードをしばしば見ます。ありそうな状況だということは想像できます)

それから、白倉柏シニアの監督が沙月に全てを委任しつつ、最後の方で肝心なところに声をかけるのもいいですね。
『後宮楽園球場』でも言いましたけれど、ピンチでマウンド上に捕手と内野手集まり作戦会議……というのは野球の原点に近い姿であり、またその内容を読者に詳しく伝えることのできる物語では見所の一つになり得ます。監督が主人公ならともかく、選手が主役なのにここでベンチから指示……ではドラマとしては興醒めです。
昔ながらの野球漫画ならば投手と打者の対決に絞るところかも知れませんが、ここでバックを守る皆も声をかけ、積極的に関わるのが今時の野球物の流れ。チームスポーツの醍醐味が感じられていいのではないでしょうか。

ただ、細部の描写や野球知識には疑問も多いのですが。
まず、ピッチャーが投げてボールが来るまでのような一瞬のプレイ間に喋っているような場面の多いこと。いったい1コンマ何秒の内にどれだけ喋っているのかと。
確かに野球は間の多いスポーツなので、会話する時間もありますが、だからこそそれはプレイボール中ではなくタイム中に回すべきではありますまいか。

それから、ナックルボールを「日本のプロに投げるピッチャーはいない。メジャーでも今はもういないんじゃないかしら」(p. 70)というのはおそらく、“メジャーでもナックルボーラーは絶滅危惧種”の間違いではないかと思われます。
「ナックルボーラー」というのは、単に「ナックルボールを投げることのできる投手」ではなく、「実際の試合で主としてナックルを投げる投手」です。(「日本のプロに~」の方は、投げることはできても「実戦で投げる投手」が事実上いないという意味なら、一応間違ってはいないのかも知れませんが)

さらに、敬一の投げる(というか、本人も知らぬまま内野手として投げていた)球についてはいっそう引っ掛かります。
プロ入りしてから先輩に指摘されるまで今でいうツーシームの握りで投げていた、というのは野村克也氏がしばしば語っているエピソードですし、ありそうな話です。その派生で独自の変化球を投げていたということもあるかも知れません。
ただ、それが予測不能の変化をする変化球である限り、いかに正確にコントロールして投げられようと、受ける側にとっては不測の変化をすることに変わりはありません。しかもお互いに動きながらの内野守備では動かない的に当てるのとは訳が違って、受け手も送球の球筋を予測して取りに行くわけで、それが不規則変化をしたらやはり取り損ねるのではありますまいか。それが内野守備で問題がなかったというのはやはり引っ掛かります。

といった問題はありますが、スポーツ青春物としてはまずまず、全編の大部分を占める試合シーンの緊迫感や盛り上げ方も悪くない作品でした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。