スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんともこの雑多さ

そう言えばここ最近、映画を観てもその感想もあまり書いていません。
アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』も観ましたが、何も書きませんでした(『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のスタッフ作品、というのが売り文句の一つでしたが、『あの花』の方は観てませんし――まあそれはまた別の話ですが)。

作品自体が良かったかどうかと言えば良かった――と断った上で、以下は作品そのものからすると脇の話にありますが……

ヒロイン・成瀬順の両親には結構な不快感を感じました。
母親に関しては、離婚して一人働きながら子育てをして疲れもあり、あれくらい言いたく時があるのはおそらく世の多くの母親に共通しているのは分かります。ただ、喋らない娘に「人前に出ないで」と言って来客も無視するよう言っているのは、体面ばかり気にしていると思わずにはいられませんでした。

まあ、母親については、最後に娘の想いを知る場面のカタルシスがあるので、良しとしましょう。
最悪なのは父親です。
そもそも話の発端は、この父親が丘の上のラブホテル(城のような建物)に浮気相手の女性と入っていくところを幼い娘に目撃され、その「お城」がどんなところか知らない娘の無邪気なおしゃべりのお陰でそれがバレて離婚にまで発展したことです。
そうして家を出て行く父親が去り際に娘に向かって吐いた捨て台詞が「全部お前のせいじゃないか」――順はこのトラウマで喋れなくなった、という設定ですね。

私は下衆な悪役の類が出てきても、不快になることはあまりありません。それはそういうものだと思っていますし、それに徹底して外道ならむしろ清々しいものがあります。
この父親はそういう突っ切った悪人ではなく、被害者面をしている、しかも大人が子供に向かって、というのが何とも神経を逆撫でするものがあります。

ここで唐突なようですがふと思い出したのが、『鉄鼠の檻』の博行(はくぎょう)和尚です。
彼は幼女強姦魔である上、そんな自分から逃げて暴れる最低の人間です。
しかしだからこそ、そんな彼が問答して自らを語り、榎木津に「僕はあんたみたいな卑怯者が大嫌いだ」と断罪され、そして自分と向き合って悟りに至る過程は心を打つものがあります(もちろん、悟りがどんなものか読者には分かりませんが、悟りというのは基本的に「自己」ですから、彼はようやく自分と向き合って受け入れたのでしょう)。
(『鉄鼠』における倒錯者たちの苦悩を描いたドラマについては、「何ゆえにかくも哀しいか」の記事を参照)

対して、順の父親は反省とかいう以前に、もうその後登場すらしません。
第一、自分が浮気をしておいて子供を責めて去るような男が、果たして自分の責任や妻と向き合って家庭を復旧する努力をしたのかどうか、かなり疑わしく思わずにはいられません(もちろん、夫婦関係を普及しようとするも妻は聞く耳を持たず、倦み疲れた末にこぼした言葉、という可能性もありますが、そういう可能性を積極的に支持させる要素が一つもないのは事実です)。
まあ話の展開上、順の父親はまさにそのためだけの道具立てなのだから仕方ないのは確かであって、これは作品の是非とは別問題です。

ただ私はここで、特定作品の話にとどまらず、現実のニュースのことを考えてしまいます。
自分のことを棚上げして被害者面で捨て台詞で子供を傷付けて去る父親が、「自分はまともです」という顔をして「あいつらは異常だ」という暴言・差別発言を吐ていく人の姿と重なるのです。

許されぬ煩悩(『鉄鼠』の主題は禅なので、あえて仏教用語で言いましょう)を抱えて、「そんな自分は何なのか」と苦悩し、しかしそれをあれこれと語ること自体がまたそんな自分からの逃避を含んでいるような、そんな博行和尚の姿は共感できるものがあります――たとえ犯した罪は許されぬことだとしても。
対して、「自分は正常で、負い目はなく、相手を貶める権利がある」という顔をしている人間に対して、――たとえその貶めている相手が実際に何らかの罪を犯していようと――それよりも共感できることは決してない、と言わせていただきましょう。

「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」(『嘆異抄』)



 ~~~

それはそうと、折角なので昨日の続きで読書メーターからのレビュー抜粋、今回はもっぱら学術書です。

【人文学】


プラトン、ゲーテ(古典テクスト伝承の問題)、『新約聖書』(聖典)、中世のチョーサーと近代のムージル(元々編集によって多様な姿を取る可能性を持った作品)、シェイクスピアとワーグナー(演劇の上演とテクスト化の問題)、フォークナーのモダニズム文学とニーチェの遺稿編集、そしてカフカという事例による編集文献学入門。各事例のテクスト編纂史は詳細で、オリジナルの現存しない古典から執筆経緯のよく分かっている現代作品までそれぞれに様々な問題があり、「本来のテクスト」を復元するという発想の限界も教えてくれる。良い一冊。


ある人の思想を研究するなら、著作によって違うことを言っていることもあるので、やはり全集で見落としなく読んでおきたいところ。
しかし「全集」といっても実は様々で、網羅的ではない場合もありますし、編集方針の問題もあるので、やはり批判校訂版を、そしていずれの版も十分ではないとなると複数の版を合わせて読んで……、と真面目にやり始めるとキリがないのですよね。



数々のユーモラスな画で知られる禅僧・仙厓義梵の作品を読み解く。全体にくだけたトーンの語りで、しばしば完全に筆者の創作で制作の背景を想像する、果ては後で「これは嘘である」と言う等自在だが、それが仙厓の作風によく合っているし、技法分析は的確で、その深読みには一定の説得力もある。簡潔な伝記という点でもちょうど良い。タイトルは○△□のみを描いた、仙厓を代表する1枚から。考えると難解だが親しみやすいのが彼の絵の特徴。各頁の隅に仙厓画に基づいたイラストを入れる仕様も凝っている。


これも随分昔に買った覚えのある本ですが、今になって読了したのは「禅」繋がりで、下記の『十牛図』が授業の演習で扱われて読むことになった、というのが一つのきっかけです。



前半は上田の論攷。禅の悟りに至る道程を描いた十牛図を、悟り=真の自己ということで「自己の現象学」として、西田に淵源する京都学派の哲学的に解釈、著者独自の「自己ならざる自己」を読み取る。ブーバー、エックハルト、ニーチェ等西洋哲学との比較、そして第八~十図を一つの境地として、哲学の主題としてはいずれかに偏しやすい自己・自然・他者を同列とする贅沢さ。後半は柳田による十牛図の序・偈頌の解説、そして十牛図の歴史的成立を含む解題。こちらも資料として満足の出来。図版も冒頭の周文画と後半の廓庵版画で見比べてみる価値も。


上田閑照先生は私の所属する研究室の元教授、つまり大先生ですが、字数制限により敬称略。
ちなみに私の《十牛図》との出会いはたしか中学時代、まさに上述の『鉄鼠の檻』でした。
色々と思い出深いテーマです。

上田先生は参禅経験はあるものの禅者そのものではなく、まさに哲学者。
本来言葉にならないとされる禅を哲学(京都学派の哲学自体が、半ば西洋哲学の言葉に独自の概念を加えたものですが)の言葉で解釈したもので、多少の哲学知識がある人向けでしょうか。
もちろん禅本来の文脈からすると独自解釈も多いのですが、哲学の難しさに付き合う気のある人にとっては行き届いたなかなか一冊だと思います(ちなみに《十牛図》で調べてみると、この京都学派流解釈が結構な影響力を持っていることに気付きます)。



レヴィナス『存在の彼方へ』。全体に繰り返しが多く間違い探しの気分。自我の成立から他者との出会いと一応道筋立てていた初期著作~『全体性と無限』のような体系性にも乏しく、そうした他者の受け入れを可能にする自己の構造をひたすら遡って記述している。主体は他者との対話関係において成立する「言うこと」として捉えられ、意味の成立も「可傷性」として感受性に遡って記述される。起源を遡った到達点は自律した始原ではなく他者に召喚されて成立する主体という逆説的「無始原」……総括しづらいがようやく後期レヴィナスの概要は押さえた。


最近色々あって、レヴィナスに関する論文を書くことになったので慌てて勉強していたり。
邦訳は下記↓




ポアンカレ『科学と仮説』。ポアンカレの科学認識論集第1弾で、数(代数)、空間(幾何学)、力(力学)、自然(物理全般)の4分野に分けて収録。直観的次元からの高度に抽象化された科学的認識の発生を論じつつ、その成立に当たって「慣習」に大きな役割を認める。数学基礎論における直観主義の代表とも言うべきその思想や非ユークリッド幾何学に関する議論は実に参考になった。終盤の電磁気学論や最終章「物質の終焉」は相対性理論とちょうど同時期だけに議論中途な部分も多いが、それだけに当時の科学の状況を生で感じさせ興味深い。


これまた最近の研究テーマと関係があり。あくまで論集であって個々の論攷を別々に読んでもある程度までは通るので、過去に部分的に読んでいたこともありましたが、この機に読了しました。
邦訳は下記↓




ポアンカレ『科学と仮説』の註釈書。まず当該書が特定の哲学を体系的に主張せんとするものではなく、あくまで科学論のエッセイを集めたものであるという性格を確認の上、もっぱら幾何学と物理理論という二大トピックに分けて論点を丁寧に示す(代数論はあまり扱わず)。ポアンカレの鍵概念「慣習(convention)」の多義性と射程、伴う難点についても明瞭に解明。後半の主要テクストを引用しての註釈と用語解説も有難く、優れた手引きだった。なお最近書いた関連するテーマの論文に大きな影響が無さそうなのは私には幸いであったのか。


で、その註釈書も合わせて。
実は著者のデューリング氏が近々来日予定なので、話を伺えるといいのですが。



ちょうど相対性理論に関わる研究課題があったので読んでみる。アインシュタインが一般相対性理論を完成した1915年当時の私生活にまで立ち入った理論の誕生秘話、彼の思索の特徴と射程、現代的意義、そして第統一理論の現在等。ヒルベルトとの関係とか興味深いトピック多し、関連資料の案内も良かった。偶々冒頭のノーベル賞特集がニュートリノの質量の発見という、大統一理論の先に関わる話題でいいリンク具合。陽子崩壊が観測できなかったこともあり、標準理論から先は大幅見直しを求められる時期なのだろうな。物理以外の記事も興味深かった。


ポアンカレは傑出した数学者・物理学者でしたが、上の『科学と仮説』はあくまで科学論で、哲学の視点からも読める著作。
それに対しこちらは純然たる科学誌です。
最新号がちょうど相対性理論という、関連性もないでないテーマだったので(ポアンカレもアインシュタインと同時期に、相対性理論のアイディアそのものには到達していた人物です)。


【生物】


クモに寄生するクモヒメバチの研究。その生活史、網を張っているクモを襲撃するやり方、クモがすでに寄生されていた場合の排除(子殺し)、通常通りに活動しているクモの(体内ではなく)体表に幼虫が張り付くメカニズム、クモを操って蛹化のための網を作らせること、そしてインドネシアでの分布研究…このシリーズの例に漏れず著者の研究歴や研究の苦労、論文投稿の過程等もあって面白い。途中の寄主たるクモの分類と紡績腺の説明も手頃なまとめ。後はやはり、クモを操るメカニズムの解明が期待されるところ。


やはりこの「フィールドの生物学」シリーズはいいですね。生協で東海大学出版局の本がセールになっていたこともあり買ってしまいました。
獲物を麻痺させて巣穴に運び込む「狩りバチ」に関してファーブルの『昆虫記』で馴染みがありましたが(もちろん、ファーブルの字だから100年以上経って多くの研究が進んでいますが)、麻痺させずに体表に帰省する寄生バチについては(図鑑で存在は知っていた覚えがあるものの)研究書を読むのは初めてです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。