スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷付き、それでも戦い続ける女たち――『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ 6』

今回取り上げる漫画はこちら、フス戦争をチェコの伝説を交えた独自のアレンジで描く歴史漫画『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)の第6巻です。



 (前巻の記事

今回、フス派のターボル軍は鉱山都市クトナー・ホラを拠点として十字軍を迎え撃ちます。
ここで十字軍の指揮官として立ちはだかるのは、フィレンツェ商人の息子から神聖ローマ皇帝ジギスムントの家臣に成り上がった軍略家フィリポ・スコラーリ

乙女戦争6巻1
 (大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ 6』、双葉社、2016、p. 12)

彼は騎馬民族クマン人の騎兵部隊を呼び、さらには捕虜とした女たちをも晒し物にして利用する非道な戦術で、ジシュカ率いるターボル軍を苦しめます。

乙女戦争6巻2
 (同書、pp. 16-17)

乙女戦争6巻6
 (同書、p. 54)

乙女戦争6巻3
 (同書、p. 25)

略奪され、嬲り物にされる女たち、その中でも強く戦う女たち……これは本作の変わらぬ主題です。

乙女戦争6巻4
 (同書、p. 29)

何も戦っているのは、ターボル軍の女たちだけではありません。
ターボル軍のフランチェスカは敵に捕らわれて後、クマン人の首領の娘エドゥアのお付きとして取り立てられるのですが、このエドゥアもまた、一族のため「女」としての自分をジギスムントに「売り込み」せねばならぬ立場でした。

乙女戦争6巻7
 (同書、p. 72)

さて、主人公のシャールカはというと、不思議な強さを持って戦い続けてきた彼女ですが、親友のガブリエラを亡くしてからはなかなか立ち直れずにいました。

乙女戦争6巻5
 (同書、p. 38)

あるいはリタイヤか……と思われた彼女の前に現れたのは――

そんな中、ついにターボル軍はクトナー・ホラを放棄して雪の中を散り散りに逃走。
その途中、ジシュカはジギスムントの皇后バルバラを捕縛するのですが、一緒に少人数で遭難する形に。
そこでのジシュカの決断は……

乙女戦争6巻8
 (同書、p. 101)

まだターボル軍に健在の兵たちは多く残っているものの、将の行方不明というのは士気に大きく関わります。

乙女戦争6巻9
 (同書、p. 174)

けれども、そんな瓦解寸前の軍に少女の声が再び力を与える――これもまた、本作ならではの見所です。

乙女戦争6巻10
 (同書、p. 178)

とはいえ、皆がギリギリのところで将の帰還を信じてまとまっていても、当の将たるジシュカがターボル軍を見切るか……という場面が描かれたとあっては、ターボル軍の命運も風前の灯火と思われるのですが……この戦争も終幕間近なのか、少女の声がまたも歴史の流れを動かす時が来るのか、それとも――


騎馬民族など、その時代・地域に存在した様々なモチーフを独自解釈やアレンジを加えて取り込み、活用する手腕、そしてこのハードな展開。今後も目が離せない作品です。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。