スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文公刊&2016年6月の読書メーター

ますますご無沙汰、読書もその他も思い通りに進んでいない感がありますが、私自身は健在です。

まず、拙論も掲載の学会誌『京都ユダヤ思想』第7号が出ました。
先日(6月19日)の学術大会で会員に配布されました。

京都ユダヤ思想 7号表紙

拙論のタイトルは「死と復活の意味―アグノンとレヴィナス―」です。

今回は商業出版ではありませんが、京都ユダヤ思想学会に問い合わせれば売ってもらえるのではないかと思います。
……近年、HPの学会誌の項が更新されてないのが気がかりですが。

 京都ユダヤ思想学会

リトアニア出身、フランスで活躍したユダヤ系哲学者のエマニュエル・レヴィナスに、ヘブライ文学作家シュムエル・ヨセフ・アグノンの著作を論じた小論があります(『固有名』収録)。
レヴィナスは今や哲学界で人気の一人ですが、あいにくとヘブライ語で書かれたアグノンの著作の方はほとんど知られておらず、「アグノン論」はレヴィナス研究においてもマイナーな題材であり、それを検討した論文となります。

何の因果か、他人の発表からこの「アグノン論」に興味を持った私は、語学が趣味でヘブライ語も学んでいたこともあり、アグノンの当該作品を読む読書会を開始、ついにはアグノンとレヴィナス、いずれも専門家でもないにも関わらずその成果を発表すべく京都ユダヤ思想学会に入会してしまい、入会から1年と数ヶ月で公刊に至ったという、これまた数奇な背景のある論文です。

しかも、京都ユダヤ思想学会は論文投稿者が査読者を指名した上、投稿者が査読コメントに応答するという独自の制度を取っており、査読者からは全ページについて実に詳細なコメントをいただいて、大幅な改稿も行いました。
査読者の意見も大きく取り込んだ結果、元々は誰の着想だったか……という点も(もちろん、論文として出典そのものは明記しているのですけれど、問題はその資料の解釈の仕方です)。
しかしある意味で、「我と汝」的な対話を方針として掲げる京都ユダヤ思想学会に相応しい論文となったのではないでしょうか。

論文の末尾に名が記載されているだけですが、査読者御両名には篤く感謝申し上げます。



 ~~~

さて、先月の読書メーターまとめです。
18冊3827ページにとどまりました。
余計なことをしていたというのもありますが、ライフスタイルの変化を感じます。

読書メーター2016年6月

抜粋……も少しだけで。

【漫画】


 (前巻のレビューを含む記事

これにて完結。第4の殺人が起こり、阿部が逮捕される。事件は幕引きに見えたが、英玖保はこれで終わりとせず…。はっきり二重人格の語を出すなど阿部の異常性に答えを求める解決をより念入りな形で描き、また阿部と被害者遺族・まり子との関係を入れる等して彼の描写を深めているのは実にいい感じ。原作を読んだ時にも真犯人の印象は薄かったが、あまり印象は変わらず。正当派すぎるせいか。ただその設定と謎解きの伏線は古典の名に恥じず、コミカライズとしても上出来だったかと。さらっと阿部定を絡めてくる辺りも、時代背景を活かしていて秀逸。



【学術書】


相対性理論を巡るベルクソンとアインシュタインの論争。理論の形成と紹介といった前史から1922年4月6日のフランス哲学協会での対論、そして後年の影響まで含めたその顛末。両者の生涯、人物像、思想史的な影響関係から交友関係まで徹底して洗い出す仕事ぶりは圧巻の一言。電信・映画といったメディア・情報技術の発達という時代の流れの中に相対性理論とこの論争を位置付けているのは著者の特徴。哲学的議論の掘り下げというよりは思想史的調査が主だが、この主題を研究するならば基本文献となるべき一冊。


非常に素晴らしい1冊で、自分で翻訳してみたいと思ったくらいです。需要はないかも知れませんが。


読んだ本の詳細は追記にて。

2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:3827ページ
ナイス数:247ナイス

The Physicist & the Philosopher: Einstein, Bergson, and the Debate That Changed Our Understanding of TimeThe Physicist & the Philosopher: Einstein, Bergson, and the Debate That Changed Our Understanding of Time感想
相対性理論を巡るベルクソンとアインシュタインの論争。理論の形成と紹介といった前史から1922年4月6日のフランス哲学協会での対論、そして後年の影響まで含めたその顛末。両者の生涯、人物像、思想史的な影響関係から交友関係まで徹底して洗い出す仕事ぶりは圧巻の一言。電信・映画といったメディア・情報技術の発達という時代の流れの中に相対性理論とこの論争を位置付けているのは著者の特徴。哲学的議論の掘り下げというよりは思想史的調査が主だが、この主題を研究するならば基本文献となるべき一冊。
読了日:6月3日 著者:JimenaCanales
トリコ 39 (ジャンプコミックス)トリコ 39 (ジャンプコミックス)感想
魂の世界でアナザ調理完了。トリコ&スタージュンは狼王ギネスと戦い、次々と揃ってくるアカシアのフルコース。手分けして取りに行った時点で予想されたことではあったが、ニュース、アース、アトムの入手過程はやはり省略か、残念。それに対応して八王の出番も限られてたし…最後はネオの由来、それにドン・スライムと一龍の過去、そしてネオvsドン・スライム。ドンスラが一龍のグルメ細胞に顰みながらブルーグリルの王であった事情も判明。アサルディーがこんな重要な役を担うとは。ネオはただ飢えていた。「益獣」という皮肉な名称が興味深い。
読了日:6月4日 著者:島袋光年
ワンパンマン 11 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 11 (ジャンプコミックス)感想
怪人ムカデ長老と戦う金属バットのもとにガロウが襲来、対決。他方、各地で同時多発的に怪人が出現、「怪人協会」の存在を示唆。ヒーローと怪人の組織戦が勃発する中、ヒーローでも怪人でもないガロウはどう絡むのか。サイタマは格闘技大会に出ていた。傷付きながら気合いで強くなる金属バットは妙にマトモな少年漫画の主人公っぽいカッコ良さで、無敵の主人公が淡々と生きる傍らで実力拮抗した戦いが描かれるのも面白い。例によって巻末は番外編。サイタマの前ではチームを組む意味も霞む。金属バットの妹ゼンコが兄似ながら可愛いこのバランス。
読了日:6月11日 著者:村田雄介
のんのんびより7巻 (MFコミックス アライブシリーズ)のんのんびより7巻 (MFコミックス アライブシリーズ)感想
前半は沖縄編、ホテルの夜、スキューバダイビングにカヌー等々。後半は村に帰っていつの通りの夏休みの日常。花火をやろうとして蛍(昆虫の方)を見る辺りが舞台と季節感を存分に感じさせる。最後は小鞠のぬりぐるみ小吉さんを巡る話。やっぱりちょっといい話で締めることが多く、落としは程々というのが本作の味わい。で、この村も携帯電話圏外の設定か。しつこいようだが、今や人の生活圏でこれは本当に見なくなった。
読了日:6月11日 著者:あっと
燐寸少女 (1) (カドカワコミックス・エース)燐寸少女 (1) (カドカワコミックス・エース)感想
擦るごとに妄想を実現する「妄想燐寸」を売る少女リン。彼女から燐寸を買った者達の顛末を描くオムニバス形式。モテたい、正義感を実現する力が欲しい、人の心の内を知りたい、幸せな時間をいつまでも過ごしたいetc.だがそれを実現した結果の思いがけない帰結や、気付かされる自身の本音、その末路……こういう話の王道ではあるが、破滅的な結末だけでなく心温まるいい話もあっていいバランス。最後はリンの事務所に水母君という新たな仲間加入、それにろうそく売りのチムという同業者? も登場で彼女側の話を広げる流れも。先が楽しみな作品。
読了日:6月12日 著者:鈴木小波
ドラゴンクエストエデンの戦士たち 1 (ガンガンコミックス)ドラゴンクエストエデンの戦士たち 1 (ガンガンコミックス)感想
原作熱の再燃で読んでみた。序盤は極めて原作に忠実、世界にただ一つの平和な島から好奇心で冒険を始め、旅立つまでの謎解きに時間がかかり、2話目にしてようやく最初のスライムと戦えるテンポも原作通り。主人公アルスの木訥で可愛らしい感じもよく出ていていい。コミカライズならではの補完要素として、魔物や魔法を知らず、戦いにも縁のなかった主人公達が戦い方を学ぶ過程を描いていること。プチット族の準レギュラー化も使えそうで。今回はウッドパルナ編半ばまで、「もう帰れないのかな」とマリベル弱音を見せる夜で引きもちょうどいい感じ。
読了日:6月14日 著者:藤原カムイ
ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖 4 (ビッグコミックススペシャル)ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖 4 (ビッグコミックススペシャル)感想
これにて完結。第4の殺人が起こり、阿部が逮捕される。事件は幕引きに見えたが、英玖保はこれで終わりとせず…。はっきり二重人格の語を出すなど阿部の異常性に答えを求める解決をより念入りな形で描き、また阿部と被害者遺族・まり子との関係を入れる等して彼の描写を深めているのは実にいい感じ。原作を読んだ時にも真犯人の印象は薄かったが、あまり印象は変わらず。正当派すぎるせいか。ただその設定と謎解きの伏線は古典の名に恥じず、コミカライズとしても上出来だったかと。さらっと阿部定を絡めてくる辺りも、時代背景を活かしていて秀逸。
読了日:6月14日 著者:アガサクリスティー,星野泰視
ドラゴンクエストエデンの戦士たち 2 (ガンガンコミックス)ドラゴンクエストエデンの戦士たち 2 (ガンガンコミックス)感想
ウッドパルナ編完結まで。原作ゲームでは見かけ倒しだったゴーレムだが、こうして描かれると巨大な石の塊を剣で切れることに違和感が生じるのは必然。だがその分強敵にして、原作にはなかった村民の決起を絡めるのは設定を活かした上手い展開。マリベルが攫われて、敵のプチマージから魔法を教わるのもいい説明。そしてチョッキンガーという間抜けな敵を倒したところでボス登場、正体判明というギャグからシリアスへの落差と、辛いシナリオは見事に原作通り。なおボスはオリジナルデザイン。原作だと骸骨だが、設定上別にゾンビじゃないからか。
読了日:6月15日 著者:藤原カムイ
ドラゴンクエストエデンの戦士たち 3 (ガンガンコミックス)ドラゴンクエストエデンの戦士たち 3 (ガンガンコミックス)感想
この巻から炎の神を祀る村エンゴウ編。…とその前に、海上でオリジナルキャラ登場&オリジナルアイテムのマーマンヘルム入手(デザインは天空の兜風)。エンゴウではオリジナルキャラのグレンが登場、ボスモンスター炎の巨人は敵の仕掛けた要石という扱いに。主人公達に力を与えるため、導き手を設定することへの苦心が感じられる。だが敵では何より、ソードワラビーが普通の動物っぽく現れて袋から剣を出すところが良かった。徐々にマリベルのキーファへの恋愛感情が表面化してくるが、これは原作からするとどうしても違和感があるところ。
読了日:6月15日 著者:藤原カムイ
ドラゴンクエストエデンの戦士たち 4 (ガンガンコミックス)ドラゴンクエストエデンの戦士たち 4 (ガンガンコミックス)感想
エンゴウ編完。炎の巨人相手にアルスの水の精霊の力を発動させ、また炎精霊の紋章を持つオリキャラ・グレンの登場もあって、四大精霊とその紋章に関する設定を早めに示すことに。「選ばれし者は自分ではなかった」キーファの鬱屈も早めに描かれる。これを吐露する相手はこの時点だとマリベル以外は難しかったか…。またダイアラックは別行動のグレンがクリア、シナリオを手分けして片付ける方針も悪くない(ダイアラックの現代編は本編には不要だし)。ただ、その内容がもっと救いのあるものに変わっているのは作品全体のトーンにも影響してきそう。
読了日:6月15日 著者:藤原カムイ
ドラゴンクエストエデンの戦士たち 05 (ガンガンコミックス)ドラゴンクエストエデンの戦士たち 05 (ガンガンコミックス)感想
今回はオルフィー編、オオカミ少年(文字通り)のガボが仲間になる。敵デス・アミーゴも元人間の設定に。敵幹部は皆この設定で行くのかね。まあ彼は最後に人間になるので非常にしっくり来る。彼の間抜けさもよく出ていた。敵幹部同士の面識もあるようで、原作より組織的な印象、今後の敵の顔見せも。木こりの代わりにオープニングのトカゲを通訳として同行させたのも感心。ゲームだと常に皆で動くところを別れて分担するのも分かるんだが、そこで再三キーファ&マリベル二人きりになるこの圧力…木こりの家も二人の想い出になるのは予想外だった。
読了日:6月16日 著者:藤原カムイ
ドラゴンクエストエデンの戦士たち 06 (ガンガンコミックス)ドラゴンクエストエデンの戦士たち 06 (ガンガンコミックス)感想
今回から、からくり兵団の攻撃を受ける国フォロッド編。やはり今回の敵マシンマスターも元人間で、しかもゼボットの元研究仲間ロイドというオリジナル設定、エリーを亡くしたエピソードについてもかなり独自に膨らませて、重さを増している。金属のからくり兵はこうして描かれると簡単に斬れないし強敵なのがよく分かる。魂を吹き込まれたアンロドイドのブレミンも登場、毎回特訓イベントを盛り込むのもよく考えられている。しかし毎回別行動でキーファ・マリベル二人きりになるこの圧力は……
読了日:6月16日 著者:藤原カムイ
ドラゴンクエストエデンの戦士たち 07 (ガンガンコミックス)ドラゴンクエストエデンの戦士たち 07 (ガンガンコミックス)感想
フォロッド編完結。デスマシーンについては巨大で重装甲なため、正攻法で倒すのを描くのは無理があるとの判断か、体内攻撃とアジトの底に落とすという絡め手での攻略に。マシンマスター・ロイドも強くはなかったし、敵地に突入しての戦いでありながら、戦いよりも哀しい愛と過ちの物語が際立った巻。数百年の時を隔てた現代編での、切なくも感動的なオチは原作通り。味わい深い。オリジナルキャラのブレミンは再登場ありそう。
読了日:6月16日 著者:藤原カムイ
ドラゴンクエストエデンの戦士たち 08 (ガンガンコミックス)ドラゴンクエストエデンの戦士たち 08 (ガンガンコミックス)感想
ダイアラックと同じ敵により石化を受けた町ということで、グリンフレークもグレンが攻略。そしてグレンの師の賢者ベゼルが登場。この辺は『ロトの紋章』とのリンクまで匂わせる完全オリジナル展開。まあさらなる格上の師を登場させ、修行編に持ち込んで主人公達のレベルアップを図る模様。原作よりいち早くアルスが漁に出て、失態を父ボルカノにどやされる場面もあり、原作ではストーリー上で船乗りらしいスキルを発揮する場面が少なかっただけにいいところを押さえている。キーファとマリベルは告白まで言ったか……
読了日:6月23日 著者:藤原カムイ
しっぽ!エンハンスメント(1) (アクションコミックス)しっぽ!エンハンスメント(1) (アクションコミックス)感想
「しっぽ」としてマシンアームを取り付けられた少女ハナは、ガーランドラ王子アンソニー・アンと出会う。元々このしっぽは自動でガーランドラ王族を守るよう設定されているとのことで、アンソニーには反発しながら共に島から旅立つハナ。「しっぽ」のある女の子といっても、かなり大きなマシンアームを付けるセンスが見事。生えてる場所は背中寄りだが、脊椎と繋がってるのが生々しく分かる。アクションは見やすく勢いもよく出ており、当然ながらパンツ描写多し。ライバル? の義手少女が鉄壁なのも合わせてなかなか。
読了日:6月27日 著者:大野ツトム
火輪を抱いた少女III 二つの太陽火輪を抱いた少女III 二つの太陽感想
ウィラ島に島流しにされたノエルは、早速現地民との交流を始める。他方で新皇帝アミルはムンドノーヴォ大陸への遠征を開始するが、戦線は泥沼化。エルガーが挙兵し、ノエルの反攻が始まる。彼女の求めた「幸せ」は、そして旧友ファリドとの決着は…戦争と政治の被害の大きさ、仲間や家族と共にある幸せ。主人公側が人を使い捨てるえげつない手を使う展開もありつつ、最後は爽快、見事な大団円。リグレットの件など、敵に自分のやったことのツケと現状を思い知らせる場面はとりわけ痛快。シェラと勇者らしき人物の示唆も嬉しいサービス。
読了日:6月29日 著者:七沢またり
ベルセルク 38 (ヤングアニマルコミックス)ベルセルク 38 (ヤングアニマルコミックス)感想
今回の大部分はファルコニアに到達したリッケルト達を描く。ルカ姉やダイバといった面々も再登場。神話的世界を実現してのグリフィスの統治する世界が描かれる。そんな中、性格ゆえか仲間達の最期を目にしていないせいか、グリフィスを憎むには至れない彼だが、本人との体面で矜恃を見せる。技術力により街でも受け入れられる活躍に、バーキラカと共にラクシャスと対決。彼も逞しく成長したものだ。どこかお笑いキャラの雰囲気があったシラットも美味しい役どころになったこと。一方、最後で妖精島に到着したガッツ達。ここでもやっぱり戦う羽目に。
読了日:6月29日 著者:三浦建太郎
ドラゴンクエストエデンの戦士たち 09 (ガンガンコミックス)ドラゴンクエストエデンの戦士たち 09 (ガンガンコミックス)感想
原作ゲームでは主人公も魔王もそっちのけの昼メロを展開していたグリンフレーク編だが、主要人物とその動向は一通り抑えつつ、グレン達の語りという形でコンパクトにまとめ、話の軸はメインキャラであるグレンの両親という独自の話に差し替え。光るハーブも意味を持ったりで良い出来ではないかと。原作の「救えなかった」という重いトーンは退いている。大賢者ベゼルが神と魔王の戦いに参加していたというのもいい前振りか。そして最後は蜃気楼の塔で修行編に突入。プチット族にはいよいよ勇者が加わったが、活躍はあるんだろうか。
読了日:6月29日 著者:藤原カムイ

読書メーター

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。