スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクションを書く意味

現在執筆中の論文、一応は哲学の論文であって、圧倒的に引用の多いメイン文献はやはり哲学書なのですが(というかいつも通りにベルクソンの著作です)、サブ文献としてはほとんど哲学研究書を引くことなく、物理学者の著作ばかりといういささか特異なラインナップに。
これが野心作となるかただの馬鹿の仕事となるかは、結果次第ですが。

まあ、結論部の候補を二つ書いて選んだりしているのを思うと、やはり馬鹿なのかも知れません。

 ~~~

さて先日、「異世界で言葉が通じる」ことの問題について少し書きました。
この件についてもう少し考えてみましょう。

まあフィクションの世界には、途方もなくハイスペックな天才主人公が溢れているのも事実。
そんな天才ならば、先人の手引きもないまま未知の言葉を話す人々の中に入り、ゼロから言葉を習得していける――という話なら、どうでしょうか。
確かに、そういう設定であっていけない理由はありません(転生ものですが、『転生少女の履歴書』などは実はそれに近い設定です)。

しかし、未知の言葉を習得していく過程というのは、なかなか描くのが難しいものです。
「未知の言葉」についてある程度詳しく設定するのか否か……
さらに言えば、いくら天才であっても、なかなか外国語を母語を同じ感覚で使いこなせるようにはなりません。それでは、言葉遊びや冗談を駆使した会話をするに当たってもマイナスなのではありますまいか。
あえて「カタコトの主人公」を設定する意味があるなら、ともかく。

そうやっていくつかの困難を乗り越えて話を書いたところで、さて、そもそも現実に未知の地で未知の言葉を話す人々と出会い、ゼロから交流を築いた探検家やフィールドワーカーのドキュメンタリーはすでに存在しています。
それをフィクションで反復して面白いのか、ノンフィクションの迫力に勝てるのか、そこを考えないといけません。

「リアリティの追究」と言いますが、現実にあることを写すだけでは、フィクションを書く意味がないのです。

現実的な感覚を備えているのは大いに結構、しかし問題は、どう「フィクション」へと踏み込むかです。
(なおこれは、別に「現実は厳しく思うようにならない、フィクションの世界は優しくてご都合主義」といった安易な対比とは限りません。踏み込む方向は様々に考えられます)
そして、おそらくそれこそが、「創作の才能」に関わる部分なのです。取材して細部を作り込むとかいうのは、言ってしまえば、その上に乗せる装いです。

まあつまり、繰り返しになりますが、フィクションの筋に大して重要でないことはこだわらずに片付ける、それもテクニックの一つです。「説明もなくなぜか異世界で言葉が通じる」であっても、それは一つの手法です(ただし、「それが許される雰囲気の作品に仕立てる」ことこそが一番重要なテクニックになってくるでしょうが)。

――結局、これだけ分析をやってきてようやく分かってきたことの一つですが、「その筋ならば何が重要で、何をスルーすべきなのか」、あるいは逆に「その作風ならばどんな筋が活きるのか」、この見極めこそが肝心要であり、難しいところです。
商業出版作品にも、その辺がちぐはぐに見えるものは珍しくありませんし……

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。