FC2ブログ

帰農志向

ブログにアクセスカウンター等を設置したお陰で、(ランキング云々ではなく)具体的に何人がこのブログを見ているのかも露骨に分かるようになってしまいました。具体的に余所と比較することもできます。これが絶対評価の怖さという奴ですね。
ただ、設置する時点でPC用と携帯用のカウンターは別になっていましたね。つまり携帯電話からのアクセスはカウントされていない訳で、そこにも少なからぬ人が…いや難しいか。

さて、大学が学生の進路希望調査などをやっていることを思い出しました。とりあえず「進学」を選択したのみで登録してきましたが…職種の欄を見ていると色々なものが目に入ります。
農業…いいですねぇ。何しろ農業で食料を作らなければ何人も生きてはいけませんし、『天空の城ラピュタ』のシータが言うように「土から離れては生きられない」んですからね。浮世離れしたことを考えているからこそ、ナマ物と接点を持った方が良いんじゃないかと思うことも時々あります。
とは言え、現実には農業はハードです。何十年も前、母の実家には少しばかりの畑があったそうですが、耕作は専門家に任せていたそうですから。

就職難の時代と言われるけれども、例えば養豚場は人手不足だ、今の若者達は仕事を選り好みして「3K」の仕事はやりたがらないから…といった話をどこかで見た覚えがあります。
年越し派遣村に集まっていたような人達がどれ位仕事を選り好みしていたのか、詳しい実態は知る由もありませんが、「人手不足の養豚場なら役立たずでも雇ってくれるだろう」と思ったら、養豚場をナメ過ぎというものでしょう。養豚場だって「いくら人手不足でもお前のような奴はいらん」と言う権利くらいあります。
「3K」とは「キツイ・汚い・危険」だったと思いますが、この「キツイ」の注目しますと、「やればできるけれど、キツイからやりたくない」「キツイから務まらない」は決して混同すべきではないと思います。

「務まる仕事がないとしたら本人の責任だ」という話ならば、一理はあると思いますが。(就職事情にはその他にも色々あることを考えて留保した言い方にしておきます)

どうも話が妙な方向に行きましたが、私としては「土に触れる暮らし」というものに少なからず憧れはあるものの、家庭菜園ですら維持できるか怪しいとあっては無理な相談ということで。
                           (芸術学3年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告