FC2ブログ

サンタクロースv.s.なまはげ

何か書こうと思っていたことがあっても、パソコンの前に座る頃には忘れ、結局一番くだらないことから書くことになります。
まあいいか。忘れたネタも、他に書くことがなくなれば思い出すかも知れませんし。

(以下の話は昔読んだ本が主な情報源で、あまり確認はしていません)

サンタクロース「聖(セント)ニコラウス」の音が転じたものと言われていますが、北欧の伝承も入っているようですね。
で、そうした北欧の伝承には、良い子にはプレゼントをくれる一方、「ムチを持っていて、悪い子をひっぱたく」とか「悪い子は袋に入れて連れて行ってしまう」おじさんも存在するとか。

ここであの古典的な「サンタクロースは子供達みんなのプレゼントをどうやって用意するの?」という問いを思い出してみます。古い伝承版なら、答えが分かる気がします。
さらった子を売り飛ばして資金を捻出しているのですね。
多分、人買いの山椒大夫辺りに。

ところで、年末に家々を訪れ、悪い子をおどすモノと言えば…なまはげがいますね。
「悪い子はいねが~」
実はサンタクロースとなまはげは同類なのでしょうか。

ここらで現実的な話に移りますが、なまはげも実際には地域の大人が演じている訳ですよね。同様に、大人達がサンタクロースを演じて家にやって来る風習のある村があるとしたら――住みたいと思いますか?
ムチを持ったサンタクロースでなければいいんですが。
ですが考えてみると、なまはげの包丁の方が怖いかも知れません(あれは火に当たってできる火傷をはぐもので、あれで人を脅す訳ではないそうですが)。
                           (芸術学3年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告