FC2ブログ

登山篇1

父と二人で山に行って来ました。

8月23日(月)

特急しらさぎにて富山へ(名古屋~富山、3時間半くらい)、そして立山黒部アルペンルート・室堂へ。
室堂ターミナルの少し下にある地獄谷は長野県の名所の1つですね。この写真だと左上の方ですが、火山の白煙が噴き出し、有毒ガスのため植物が生えずに灰色の岩石がむき出しています。
長野県地獄谷
この最中に道が付いていますが、有毒ガスが危険なので遊歩道の外に出るのは厳禁です。
しかし、今も火山活動が続いているために噴出口の位置も変わり続けており、またガスの発生量も時によって変化します。どうも近年、道のすぐ近くでガスが発生するようになっているような…遊歩道上までガスでけぶっています。おまけに本日は「有毒ガスが発生しています」と放送までかかっていましたよ。
あの硫黄の臭い(卵の腐ったような)はいつものことですが、今回はそれに加えて喉がピリピリします。「すみやかに通り抜けて下さい」と放送もあり、怖いので立ち止まって写真を撮ったりはしていません。


室堂ターミナルから少し下って、雷鳥沢にて宿泊。まずまずの夕焼けも見られました。
雷鳥沢 夕焼け

8月24日(火)

剣御前の峠を越えて剣沢へ。剣岳は少し前に映画にもなった天嶮ですが、ここしばらく私は登頂はしていませんね。今回もそのまま剣沢を下り、真砂沢から仙人新道を通って仙人池ヒュッテへ向かいます。
剣沢
↑剣沢の雪渓です。夏でも谷には雪が残っているんですね。厚さ何メートルの雪渓の下には川が流れています。この上を歩いて下りていく訳ですが、その内雪渓が切れて、川が顔を出します。

高山ですから地上より標高は低く、お陰で雪も残っている訳ですが、やはり昼間はとてつもなく暑いです。雪渓の上はさすがに涼しい風が吹いていますが、日光が雪に反射するので、目をやられないためのサングラスは必須で、かなり日焼けも覚悟する必要ありですね(山の紫外線は海の倍くらいあります)。

この仙人池というのは、この通り1日では入れない難所ですが景色は絶品で、まさに秘境と行って良いところですね。何度かTVにも取り上げられていて、山小屋を経営するおばあちゃんはちょっとした有名人です。
仙人池ヒュッテ
(続く)
                           (芸術学3年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

登山篇2

8月25日(水) 本日は仙人池に滞在して池平山に登山、昼には小屋に戻ります。 天気は若干曇り…と言っても、ごらんの通り太陽は出ているの...
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告