FC2ブログ

ゆるゆる

なにやらここしばらく小難しいノリで続けすぎたような気もしますね。また少し適当な方向に進めるか、それは思い付くこと次第です。

学食前の広場にタワーが出現しようとしています。4名ほどの学生による共同展示のようです。
タワー出現

話は変わりますが、いつだったか「なんでも鑑定団」に周文(しゅうぶん、室町中期の画僧)の作品という触れ込みの掛け軸が出てきたことがありました。
谷文晁(たに・ぶんちょう、1763-1841)だとか円山応挙(まるやま・おうきょ、1733-95)だとかはしばしば出てきて、「まあ偽物だろ」と思って観ていますが(実際、本物だった試しは記憶にありません。伊藤若冲(いとう・じゃくちゅう、1716-1800)の本物が出たことがあったかな)、この時はもう「ないない120%ない」と。
周文の真筆なんてどこにも1つもないんですよ。いや、「周文」は結構残っていますが、模写の可能性もあって、真筆と確認されているものはありません。だから、真筆だと鑑定できる根拠がないんです。
新しい文献とセットで発見されたりしない限り、「真筆」は出ないでしょうね。その場合、研究史を動かす訳ですから、値段の付けようもないでしょう。
ちなみに、番組に出た作品はずっと後世の作で、大した価値はない代物だったかと思います。
                           (芸術学3年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告