FC2ブログ

孤高の人の友情

前回(ネタバレあり)に引き続き、『僕は友達が少ない』5巻の話です。


以下ネタバレあり。相変わらず長くなりそうです。





…と、まず、前回もう1つ言い忘れていたことがありました。
4巻に「隣人部唯一の男である俺」(p.243)という言及もありましたね。これが幸村が女であることの伏線だったのかというと、この時点では語り手である小鷹もそのことを知らなかったはずで、いささか変でゃありますが…。ただ、基本的にはリアルタイムで語っているようでいて、「このときの俺はまだ気づいていなかった」(4巻、p.129)といった後からの視点が入っていることもあるので、あり得ないとは言えません。叙述トリックとしては微妙なところかも知れませんが。

さて、この5巻のカラー口絵「隣人部 遊園地にて」を見ると、「皆で楽しく遊園地を満喫してるじゃん」(作中の用語に従えば「リア充してるじゃん」)と思えますが、内容を読んでみると…半ばその通り、半ば予想を上回る悲惨さ――といったところでしょうか。
小鷹のラブコメ主人公ならではの鈍さもえげつない形で目立ってきて、想いを気付いてもらえない女の子たちの、いささか胸の痛い場面も増えてきますね。中でも変態な言動の裏のわりとまともな本性をさらしている理科の出番が目立ちますが…理科のことはまた機会があれば書こうかと思いますので、今回は別件です。

遊園地でも一人だったりゲロを吐いたりといろいろあった挙句、幸村が女で強力なライバルになり得ることを知って「…………もうヤダ……ほんとついてない……」と落ち込む夜空が実に可愛い。(しかも、幸村に股間のモノが「ついてない」のとのダブルミーニング)

でも、その翌日にはテストの点をネタに小鷹を嵌めて嫌がらせをしてるんですけどね。
そんなやりとりことがイチャイチャしてるのも事実。小鷹としてもそんな付き合いが嫌ということはないはず。でも「むかつく」(5巻、p.164)のも事実。
とは言え、夜空はおよそ嫌がらせをする以外のコミュニケーション方法を持ち合わせていないらしい。エア友達――つまり架空の相手――と話していることと言い、「友達の多そうな人に話しかけるのが苦手」(1巻、p.59)ということと言い、彼女のコミュニケーション障害はかなりすさまじい。

その辺を踏まえて、夜空が乙女ゲー(男を攻略する女の子向け恋愛シュミレーションゲーム)『ガルメモ』をプレイするエピソードを見てみましょう。
女友達もあちこちで知り合うイケメンも一番手ひどい台詞で拒絶し、学業やらスポーツやらでパラメータを上げるだけの(現実と変わらない)退屈な学校生活を送っていたものの、不良の永谷英二と付き合うことになるゲームの中の『夜空』。英二との関係は順風満帆かと思われましたが、最後の最後でバッドエンドを迎えます。どうも、他のキャラの好感度もある程度上げておかないと英二とハッピーエンドになることはできなかったらしいのです。
「気を落とさないでください」「反省を生かしてリベンジしましょうよ」という理科に、(現実の)夜空は泣きながらも答えます。

「私は私の思うとおりに三年間を過ごした。だから反省などしない。英二のことは残念だったが……まあ、思いどおりに生きた結果がこれなら仕方ない。『ガルメモ』……クソゲー呼ばわりして悪かった。なかなか面白かったぞ」
 (『僕は友達が少ない』5巻、p.237)


他の相手の好感度など歯牙にもかけず、それどころか手ひどく拒絶しつづけた結果は、そのまま現実の夜空に重なるものがあります。そもそも隣人部を創設したこと自体、本当は誰も入ってこないような部を作って小鷹を囲い込むことが目的だったようですし…どうやらすっかり裏目に出ているようですけれど。
でもその結果として小鷹と結ばれなくても、夜空は諦めて、希望を捨てて去っていくでしょう。極限状態では「小鷹が振り向いてくれない」ことへの恨みが噴出していましたが、少なくとも小鷹を恨みはしていないようですし。
健気というか怖いというか…

ここで改めて1巻のことを思い出してみます。

「私は一人でも平気だ。学校での友人関係なんて上っ面だけの付き合いで十分だ」
 三日月の声には、どこか無理が感じられた気がした。
  (『僕は友達が少ない』、p,41)


小鷹が「無理」を感じたのは本当。夜空は何よりも友達を求めていて、10年前の「タカ」(=小鷹)との友情をずっと大切にしていた。
けれども、余計な付き合いを拒絶したいのも本当。自分一人で学業に精を出すのも、彼女にとっては欠かせないアイデンティティだった。

では次は、『ガルメモ』の主人公『夜空』が隣の席の女生徒・冬木陽子と友達になったシーンを。

「入学初日に友達ができるなんて、いくらゲームとはいえもうちょっとリアリティってものに気を使ったほうがいいんじゃないかしら?」
 星奈が真面目な顔で言った。
 俺も同感だった。
「たしかにちょっと非現実的な展開だよな。SFとかファンタジーじゃないんだし」
 ……いや、もしかすると、入学初日に友達ができるくらいでなければ、ゲームの主人公のようなリア充ライフは送れないということなのかもしれない。
「……裏切る……この女はあとで絶対に裏切る……」
 まるで自分に言い聞かせるように夜空が呟いた。
  (『僕は友達が少ない』、5巻、p.208)


そもそも恋愛シミュレーションゲームというのは「非現実的な展開」には事欠かないものだろうが、というのは正しいツッコミです。しかし「友達がいないのが悩みの人」たるもの、これだけは気になってしまうのです。
この構造は『ときメモ』(あくまで小説中に登場する『ときめきメモリーデイズ』ことです、念のため)のマサルの時と基本的に同じで、ゲーム製作者としては同性の友達なんていて当然の前提、そして異性の情報を教えてくれたりするストーリー進行上の便利なツールにすぎないのでしょう。
でも、隣人部員たちにとってはそれが何より重要なのです

ちなみに、マサルの方は「中学時代からの親友」なのに対して、陽子は入学初日に親しげに話しかけられて仲良くなる辺りは、同性のコミュニティに対する製作者のイメージでしょうか。女の子同士でキャッキャと盛り上がるのは出会ってすぐいける、と。
しかし、そういうコミュニティに入れなかった、あるいは入ったと思っても脆いものであったということをたっぷり味わってきた隣人部員たちは、そんなことで「友情」が成り立っているとは決して認めません

それにしても、夜空の「裏切る」という言い回しは重要です。裏切るというのは「何か果たしてしかるべき責務がある」ことを前提としていますから、友情という無償の関係にはふさわしくありません。人としての前提はありますが、思いどおりにふるまわなかったり離れていったからといって、裏切ったと思われてはたまりません。

…(略)…友情は、人と人との魂(心)のやりとりである。数量として確認されるものではない。「等価交換」を望む人に友人はできない。
 (諏訪哲二『自己チュー親子』、中公新書ラクレ、2009、p.116)


しかしここではっきりするのですが、夜空は相手に「代償」を求めるのではなく、「自分は何も贈与しない代わり、人からも何も受け取らない」ことを選んでいるのです。まさに孤高の人(社会の中に生きている以上、誰とも何かを受け渡さないことは不可能ですから、まあ直接的な人間関係に限った話ですが)。
だからこそ夜空は、ゲーム中でも陽子やイケメンたちのような、気さくに助力を申し出てくる相手をことごとく拒絶し、「ここはあんたみたいなエリートがうろつく場所じゃねえ。とっとと帰りな」と言った英二だけを受け入れたのでしょう。

ですがこれも「無償の贈与に徹する」のとは逆方向での「無償の関係」には違いないのです。だからこそ現に、夜空の周りには、夜空から普通に価値のある何かを受け取ることなど期待していない人たちばかりが集まっています(幼女先生のマリアがポテチを貰って飼い馴らされていますが)。(本人たちは認めずとも)友情が成り立っているのです。
何も与えようとしないからこそ、隣人部というかけがえのないものを与えてくれた。子供をいじめて従えたことでさえ、保護者から感謝されているほどです(4巻、p.173)。
ゲーム中での『夜空』は英二以外の相手の好感度を上げていなかったため、危機の時に支えてくれる人がおらずバッドエンドを迎えましたが、現実で同様の危機があった時は、助けてくれる友情がある……のでしょうか。

隣人部の女の子たちは恋のライバルをえげつなく潰しにかかりそうなところも確かにありますが、同じエピソード内で理科が小鷹に(恋愛シミュレーションで言うところの)「攻略対象」とすら見なされていないと知ってショックを受けた場面で、さすがに夜空・星奈・幸村の3人が揃って小鷹を責めているのは象徴的に思われます。

……何かと夜空に思い入れてしまいましたが、本作はどのヒロインも非常に好感が持てるだけに、誰も泣かない落としどころを見つけてほしい、でも難しそうだなあと思います。
                           (芸術学3年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告