FC2ブログ

変態を見る目

まずはいつぞや少し触れたライトノベル『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の一場面から。
アーケードゲームにて、スタッフに勝てれば特別商品が貰えるのですが、スタッフが一般ユーザーにはまだ知られていない強キャラを使っており、誰も勝てない、しかし何と、桐乃のオタク友達・黒猫(ハンドルネーム)が同キャラを使って圧勝、という場面です。

 さておき、新キャラ(正確には今回から操作できるようになったキャラ)の必殺技コマンドを、黒猫がどうやって知ったのかについては、俺も気になっていた。
 黒猫が無表情で答えてくれる。
「……コマンド入力をするとき、キャラが揺れるでしょう。その揺れ方とか、手元の動きとか、ボタンを押す音やタイミングで、どういうコマンドを入力しているのか、判別したのよ」
 つまり何か? スタッフが動かしているのを見て、その場で見切ったってこと?
 使ったこともないキャラの技を、あんな短時間で?
 どんな動体視力してんだよ……。変態じゃねえのコイツ?
「どんな動体視力してんのよ……。変態じゃねないのアンタ?」
「バカ! 思ったことを全部口に出すんじゃない!」
 (伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』2巻、電撃文庫、2008、pp.257-258)


(地の文は桐乃の兄・京介で、「変態じゃねないのアンタ?」と口にしているのが桐乃です)

ここはもちろん、一般人として京介・桐乃の視点に同調して、黒猫のあまりのスキルに呆れる場面なのでしょうが……
私はしばしば、この時の桐乃とほぼ同じ反応をされる側です…

暇潰しにドイツ語でショーペンハウアーを読んでいたり、デンマーク語で書籍購入に奔走していたり、また今度はポルトガル語をやっていたりすると、まさしく異様なものを見る目をされます。

まあそこで、人から変だと思われるほどやる気になるのがオタクです(異論は認めます)。
もはや私にとって語学は趣味以外の何物でもありません。

しかしゲームよりは語学の方が自慢になる……かと言うと、そうとは限らないと思います。
デンマークやフィンランドの人口は500万人程度、国外にデンマーク語やフィンランド語の話者もそうそういません。しかし日本のゲームにはミリオンヒットというのがあります。さすがに「スーパーマリオ」が600万部を売り上げたのは遠い話としても、です。
それを共有する人間の数という点で、マイナー言語よりゲームの方が汎用性の高いスキルだというのはあり得るんじゃないでしょうか。

そもそも当今、英語一辺倒――もっと言えばTOEICとTOFLEの米語ばかりがもてはやされる時代ですし。他の言語がどれだけ評価されるかというと、苦難の時代になっていますね。
希少価値というのもあるにはあると思いますが、やはりその言語で出回っている情報がどれだけあるか、というのは大きいものです。

まあそれを言い出すなら、英語の情報だけでは足りないと、人文系の先生なら言うでしょうが。(私も基本的には同意です)

……自慢話はこれくらいにしておいた方が良さそうですね(手遅れというべきでしょうか)。
                           (芸術学3年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告