FC2ブログ

冬休みへ

研究の導入部(予定)について先生の裁定をいただきましたが、「もっときちんと書いて論述しないと」という話が大部分。いつも文献を読んではいましたが、「書く」方は9月頃に書いたメモから全然進んでいないな、という現実を再確認するばかりでした。
うん、副業の翻訳とかブログとか、余計なことは始終書いているんですけどね
あまりこういう状態が続いていると人間としての信用に関わりそうです。仕事を脇に置いて余技に精を出している人間はどこの職場でも採用されないでしょう。ちゃんとやらねば…

今年のレギュラー授業は今週までで終わりですので、これからが本番…にしたいものです。
休みに入っても来週・再来週と集中講義期間ですが、今年私が受講しているのは2日間だけですし。

さて、問題は新年です。さすがに三箇日までは休みですが、1月4日から授業が始まります。
まあ世間的には普通のような気もしますが、問題はその次の週で、10日(成人の日)も授業があります。昨年はさすがに、成人の日は休みだった気がしますが…。新成人となる学生も多いでしょうし。
原因は明らかで、さすがに3日から始業というわけにもいかない以上、ここで2週続けて月曜日を休みにしてしまうと、月曜日の授業時間数が足りなくなるからです。現状でも後期の最終授業は2月21日月曜日で、数を合わせてあります。
どうしても10日を休みにするなら、始業を11日からにして、別のところで休みを1週間減らすか…
ここで、上記の通り「12月冬休みに入るのは早いじゃないか」となるわけですが、しかしここは集中講義期間として確保されていますからね…

何回も言っていることですが、月曜日ばかり祝日にした人は……
まあ「授業に出ないで公務員試験の勉強ばかりしていたから、『学校の授業は曜日によって違っていて、どの授業も同じ授業時間数が必要』ということを知らなかったのだ」とでも思っておきます。
これは私にできる最大限の擁護です。
                           (芸術学3年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告