FC2ブログ

アーツ&クラフツ展

今度は速めに展覧会に行こう…というだけの理由では必ずしもないんですが、12日から愛知県美術館で始まったアーツ&クラフツ展に行って来ました。
アーツ&クラフツというのは19世紀にウィリアム・モリスとジョン・ラスキンによってデザイン・工芸運動で、アール・ヌーヴォーにも大きな影響を与えています。この展覧会も家具・壁紙・タペストリー・調度品といったものが中心でした。
ただ、産業革命での機械化に反対して民衆の間に伝えられた職人の技を重んじたアーツ&クラフツ運動ですが、その結果産まれた製品は大変手の込んだ高価なものとなって、一般の民衆からは遠いものとなっていったという実情もあります。いかにもヴィクトリア朝風という品々を見れば分かるかと思います。
さて、この展覧会の最後の方は「日本におけるアーツ&クラフツ」で、柳宗悦の民芸運動が紹介され、黒田辰秋や河井寛次郎といった人達の作品が展示されていました。

もっとも、柳は「用の美」を主張して「“名工の作”よりも無名の職人の作品を評価した」そうですけど、私はその辺にはあまり釈然としてません。「用の美」を唱えるからには逆に「通常の美」は「無用の美」だという前提があるのでしょう。確かに例えばファイン・アートの作品は美的鑑賞以外、何かの役には立たない。本来は何かの役目を持っているものにしても、装飾したりでその機能と関係のない「美」を追求している場合がある…というのは分かりやすいイメージではあるんですが、どうも現実はそう綺麗に分かれるものだろうか、と思えてなりません。
まあ実のところは、そういう「民芸的作品」と「名工の作品」が、それぞれ一括りにするとどう違うのか、見ていても今ひとつよく分からないからであって、単に私に見る目がないだけかと思いますが。
                           (芸術学2年 T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告