FC2ブログ

難事×3

昨日は放置してしまいましたが、拍手数が合計1000を突破していました。応援感謝ですね。

しかし、ここに来て色々と厄介な事態に…

まず研究発表が来週でして、発表直前に指導を仰いでも直している余裕はないので、水曜日(つまり昨日)の授業で研究の草案を先生に見せておきたかったのです。ですから、さすがに直前の2~3日はもっぱらそれにかかっておりました。ですが…

1. 発表でしゃべる時間は(特に今回は人数も多く)わずか。論文の本稿のつもりで書いたものをどう圧縮したものか…まあ適宜「ここはもう読みません。後で読んでおいてください」とでも言う工夫が必要ですね。
2. 理路を繋ぐ材料が不足している…。今回メインで扱ったテキストには、実は芸術論に繋がる要素は少ないのです。無理矢理なことをすると確実に「それはちょっとおかしくないですか?」と言われるでしょうし…。何とかさらに話を繋ぐ可能性を拾ってきても、今回はそちらはあまり研究できておらず、「今後の課題」ばかり増えていく感じです。ある程度はやむを得ませんね。

さて、とりあえず草稿を先生に見せることはできました。今回は内容に関する意見はそれほどなく、「まあとりあえずやってみて」という話に。こちらが少しはマシになったか、それとも後で念入りなご意見が来るか…

が、それに加えてもう一つ、例の紀要に掲載する翻訳の件です。初稿が来ました。

3. ちょっとした手違いやらこちらの間違いやら後で気付いたことやらで、結構大きく修正しなければならない箇所がいくつか見つかりました。先生が不在だけにどうしたものか…。ひとまず連絡してみたところ、私がほぼ全権を委任されてしまいました。

校正の締め切りは研究発表の二日後です。
いや、二日あれば何とかなる。直すべきところはだいたいもう分かってますから。
                           (芸術学3年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告