FC2ブログ

入試とは…?

と言うわけで今日は大学に行ってきました。まあ折悪しく雨でしたけど…
半日寝てしまったので、芸術文化センター会場の方は明日行きます。

 ~~~

またもタイムリーに取り上げ損ねましたが、大学入試でネットを利用した不正事件がありましたね。
昨日の『中日新聞』は一面が「早大入試も投稿か」で、京大、同志社大、立教大に続いて早稲田の入試についても同様の投稿があったということ。

私の感想はと言うと…どうやったのかは興味がありますね。

ちょっとボタンを押せば済むような代物じゃなくて、結構長い問題文を書き写して投稿、さらに寄せられた解答を読まなければならないわけでしょう。どうやってそこまで試験監督の目を盗むことができたのか。
カンニングにしては懲りすぎている感もありますね。英語の長文を英語で英訳する問題で、日本語訳を投稿して「訳してください」と言ったということは、英語を読んで日本語要約を書くところまではできてるんですよね。
それと英語を書くことの困難はまた別なのは承知の上ですが、受験生にしては余裕がありすぎるような気がしますね。

記者もこれを「重大事件だ」「重罪だ」と騒いでいるのは、それだけ「入試は一生の一大事」と思っているからなんでしょうが、私は正直、別にそこまで……

大体、カンニングして不相応な大学に入っても後で苦労するだけだと…まあ思わないんでしょうね。日本の大学は「入りにくく出るのは易しい」と公然と言われていますから。

とりあえず、ネットに投稿すれば数十分で解答が寄せられる、つまりは文字通り「意思を投げれば当たる」ほどに問題に解答する人がいるのはよく分かりました。
                           (芸術学3年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告