FC2ブログ

怪作…『まほう少女トメ』

単行本の出ていない漫画を取り上げるのは初めてだと思いますが――まあストーリーのネタバレは抑えておきます。
武内優樹(原作)・おおひなたごう(作画)『まほう少女トメ』
コミックビームにて連載中です(短期集中連載なので、来月で最終回のようですが)。

おおひなたごう氏はギャグ漫画家でしたが、これはホラーというか…コメディ的なところも多いですが

まほう少女トメ1

↑こんな感じの「まほう少女」トメが活躍…というか、毎回別の一般人が主人公のオムニバス形式ですね。
彼らがたまたまトメと出会い、トメが「願いを叶えて」いったことから異常な事態が起こります。
確かに願いは叶っているんですが、そこからは想像を絶する帰結が…ある種のミステリー要素もありますね。

今月(『コミックビーム』2011年4月号)では冒頭がいきなりこんな感じ。

まほう少女トメ2
 (クリックで画像拡大されます)

もちろん普通なら事件として警察に通報するところ、でも部屋は密室、これでは自分が犯人と思われるのでは?
もちろん背景にはトメの「まほう」があるのですが、それがどうしてこの事態を引き起こしたのかはまあ、読んでのお楽しみということで。
またこれ、「はずみで殺人を犯してから、ふと我に返った犯人」の心境の象徴化として読むと物凄い説得力がありますね。
というように、「まほう少女トメ」という道具立てはふざけているように見えながら、何だか真に迫るものがあるのがポイントですね。


月刊コミックビーム 2011年4月号 [雑誌]月刊コミックビーム 2011年4月号 [雑誌]
(2011/03/12)
不明

商品詳細を見る

                           (芸術学3年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

漫画情報

だいぶ以前、連載中に紹介した漫画『まほう少女トメ』の単行本が今月25日発売です(よく見るとAMAZONではもう発売扱いに…)。同時期にやっていたダークなテーマの魔法少女モノ(?)ということもあり、『魔法...
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告