スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できると言ったらできる

さきほど見たら、ブログのアクセスカウンターがちょうど10000になっていました(本日37人目で)。日々の応援感謝です。

さて、グリムス育成に関係して、環境の話でもしてみましょうか。
ほんの1~2年前までは「節電=CO2削減のため」という感じでしたが、福島原発以降はすっかり「東日本の電力不足のため」に変わった感があります。それに絡んで「脱原発」するのかどうか、ということも言われるようにになりました。
ということは、この“流行”も数年もすれば過ぎ去るような気もしますが。

で、ちょっと前のこと、さる企業の関係者がTVに出て「この夏は節電に努める」云々と言っていましたが…それを見て思ったこと――
「今(当時4月)はまだいいけど、夏になったらそのスーツは脱ぐんでしょうね

今はクールビズが言われるようになったので、少なくなったのかも知れませんが、夏にスーツを着込んで暑い暑いというのは根本的に間違っています。舞台上でやればそのままコントになるレベルです。
そもそも、スーツは日本の気候に合わせて作られたものではありませんし。
これを機にアロハシャツでの出勤を許可してはどうか、と言っていたのは確か内田樹氏ですが、日本的に考えるなら着流しというのも…いやさすがに今時それはないか。

さて、我が家には今も昔もエアコンはありません。まあ扇風機には頼りますが、それでやっていけます。
昔は、夏休みの昼にはよく(昼食ついでに)喫茶店に涼みに行っていたものです。
…が、私が中学校に入ってすぐの頃まで住んでいた家の近所の喫茶店で、設置されている気温計をふと見ると30度だったのがよく印象に残っています。それで十分涼しいのですね。
「冷房は28度」が唱えられるのは根拠のないことではなく、除湿さえ効かせてじっとしていれば30度は暑い内に入らないというのは経験的事実です。

まあもちろん、すっかり熱がこもっている部屋の温度を急激に下げたい時にはもっと効かせることはありますね(しかも、同じ温度設定でも機体による差は小さくありません)。ですが一度冷えれば話は別です。
しかも、(相似形ならば)大きなものほど温度は変わりにくいはずで、大きなオフィスビル全体に冷房が効いている時、10分冷房を切ってもどれほど影響があるか。聞いた話では、ほとんど気付かないという実験結果もあるとか。
夏のピーク時付近に各オフィス10分ずつエアコンを切る。それで被害を受ける会社があるのでしょうか。

当然、各企業はこれ位のことには努めると思います。電力供給が不足して大規模停電が起これば皆が大きな被害を受けますから。
が、理解しがたいのは法令化しないという政府の方針です。むしろ法令というのは、こういう時のためのものではないのでしょうか。

PCその他の都合により今日はこれだけです。
                           (芸術学4年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。