FC2ブログ

2日目にしていきなり…

● ありがち1

生徒である時には先生の悪口を言ったり、嫌いな先生のことを「死ね」と陰で言っていたりするものですが、大人になってその先生の訃報を聞くと、今更願いが届いてしまったかと…
もちろん、人はいつか死ぬものですし、関係のあろうはずもないんですが。
そもそも、教育実習に行って先生の訃報を聞くということも普通はありません。いないのは退職したからかも知れませんし。
その辺、詳しい話はしませんが。

● ありがち2

顔に覚えのある先生を見るが、あだ名しか思い出せない
…私はあんまり先生を(と言うか、人を)あだ名では覚えない方だと思っていましたが…


と言うわけで、教育実習2日目です。
今朝は地下鉄が人身事故により停止するというアクシデントがありました。最近ホームに転落防止柵を作っていた矢先になぜ…と思いましたが、まだ全駅で完成してはいなかったようで。
まあ何とか定時に到着しました。と言うか、近くなので、徒歩で行っても職員朝礼の始まる実8時15分には間に合ったかも知れません(実習生には8時出勤が求められますが、まあ事情が事情ですから一報しておけば許されたでしょう)。
生徒にも遅刻者が一割以上(例:40人教室で空席が5つ)出ていたので、学年朝礼も中止になりました。
何これ? 挨拶する機会が消える呪い?

さて、もう2日目からどんどん授業を実際にやることになります(実習校によっても、指導する先生によっても様々ですが、私の場合)。まあ当然不慣れなことはありますし、私は声を出すのが得意でもありませんが。
ただ、美術の授業は全員に概要を説明したら各自で制作に入り、後は個別指導という感じで、個別指導は実質、ご指導の先生と私とで2人がかりという状況です。どこまで口出しするかも難しいところですが。

その他、高校の授業も見学させていただきました(中高一貫校ですので)。いや、見学(教育実習用語では「観察」)のつもりだったのですが、いきなり先生「俺より優秀だから、何かわからないことがあったら彼に聞くように」と、いきなり私に任せてくるのです。
もちろん前半はジョークでしょうし、授業の題材についての説明は終わっているので、私が指導するのはごく細かいことしかありません(それが結構気になるのも事実ですが)。

また、他の科目の授業を見学させていただくこともできるのですが、そのためには特定の先生を選んで、許可を取らなければいけません。
自分の学生時代にお世話になった先生を当たろうと思うと、なかなか捕まらなかったりするんですね(これもありがち)。まあそもそも、10年から経っても同じ先生が結構いるのが私立の良いところですが。
ようやく一件予約しました(ただ、当日になって時間割変更ということもあり得ますが)。
ちなみに先生は、私の顔をちゃんと覚えていたようで、これも良いことでしたね。まあ名前はなかなか言われないと出て来ないのですが(これまたありがち)。

実習経験者からは書類を何回も書き直させられるといった話も聞きましたが、それも今のところありません。ただ、日誌1つだけであっても、手作業で書いていると結構手間はかかります。相変わらず。
                           (芸術学4年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

はじめまして

ようこそいらっしゃいました。
あーとのプロやその卵さんにお出で頂き、村をあげて大歓迎です。
1年に100日以上も霧が降る私の村です。
カスンデ周りはボー・・・
村人の頭の中もボー・・・
これからも、よろしくおながいします。
【桂恋村総務課 モーモー花子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告