スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強の条件

「小学生では、足の速い子は勉強もできる」という話をどこぞで見たことがあります。
極端に運動の苦手な優等生だった私としては(※)あまり実感の伴わない話ですが、むろん、私のようなタイプ存在することは、「勉強も運動もできる子」が多数いることをなんら否定しません。

※ まあ、学校の勉強が好きとはおよそ言いがたい人間だったと思っていますが、進学校で成績がやや下寄りに入ったくらいで劣等生を気取るわけにもいかないので、あまり言わないでおきます。
今の大学の勉強? あれは趣味です

教育実習で、少し前まで小学生だった奴らを見るに、あの話はやはり本当だったのかと思います。
反応が良くてコミュニケーションを取りやすく、成績も良い方(と思われる)生徒は運動部所属だったりする。いやまあ、数例から法則を導き出すのは尚早なんですが。

それと、どちらが原因でどちらが結果なのか、それとも第三の要因によって結び付いているのかは、分かりませんが。

 ~~~

学ばないというのはストレスフルなことです。
世の中には実には気になることがたくさんあり、知っておきたくもなります。
しかし、大学も4年生にもなると、卒論の研究のウェイトが大きくなります。私の場合も、当面使う予定のない語学に割いたりできる時間は随分少なくなったと感じます。…語学ばかりというのもどうなのかと思いますが。
そして現在、教育実習中は、(帰宅後や休日に時間的余裕はある程度あっても、体力的な問題もあり)大部分も勉強は凍結中ですね。
しかし、学んでおきたいと思うことはなおも増えていきます。

もちろん、あれもこれも広く浅く学んで、「色々なことを少しずつ知っている人」になっても、意義は薄いでしょう。
それでももう少し幅広く学んでおきたいと思うのは、世に知識人と言われる人のレベルを鑑みれば、もう少し「広く深く」学ぶことができるはず、と思うからです。
まあ、遠からず自分の限界にぶつかる可能性は高いんですけどね。
                           (芸術学4年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。