スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中性と“強い性”

本学の多くの建物のエアコンは中央制御で、授業時間帯を過ぎるともう稼働しません(先生から学務に連絡して動かしもらえば話は別ですが)。
そこで、遅くまで残って作業をする場合、夕方になると(誰もいなくても)強めにエアコンをかけて部屋を冷やしておき、少しでも冷気が保つように、という操作をしていることが……誰もいない時間の長さを考慮すると、あまり効率が良くない気がするのですが、いかがでしょうか。

 ~~~

明後日の中間発表に向けて準備中ですが――昨年の研究発表にはなかった、一歩進んだ部分(となる予定)の記述があまり進みません。まだ研究そのものが進んでいなくて、構想の概略くらいしかない以上、当然という面もありますが、前半部ばかり長いのもバランス的に変ですしね。
むしろ、昨年とかぶる部分は完結に済ませてもいいはずでして。

 ~~~

昨日の話の続きですが、「女装少年」や「かわいい系」の男の子は、一般に中性的なイメージです。
まあ「本物の女よりも女性的にセクシー」などというのは描写しがたいですし、多分受け入れにくくもあるでしょう。男である以上体型まで女性的になるのは限度がありますし。
そういうわけで、その手のキャラは、むしろセックスアピール自体は弱く、性的に成熟していないイメージであるがゆえに受けているのだ、という分析も見ましたね。
別にそれが違うとは思いません。

が、一方で往々にして、「中性的」で「かわいい系」の男の子が、次々と女の子をたらし込んでいる「天然ジゴロ系」だったりすることもあるわけです(「女装少年」や「男の娘」に限らず、もう少し広い範囲の話です)。
一見可愛い少年が実は男らしいところを見せる、というのはギャップというアピールポイントでもありましょう(『放浪息子』の安那ちゃんも、修一に男らしいイメージを持っていました)。
このギャップというのがミソで、男性性と女性性のような対立するものが、互いに強化し合うとしたら――
「中性的」「性別不詳」キャラは、男性性と女性性を高レベルで併せ持った「強い性」に転じうるのではないか、と。

これ以上理論的に考えている暇がないので、今日はこれまでです。
                           (芸術学4年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

No title

アフリカ原産の巨大ケヅメリクガメと生活する『ケヅメ所長』と申します。
ケヅメリクガメの保護活動をしています。
また、食べることも好きで、フードファイターもしています。

毎日、楽しみに拝見しています。
これからも頑張ってください

ありがとうございました。


『幸運ケヅメショップ』もよろしく
http://www.rakuten.co.jp/kezume/

また遊びに来ます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。