スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスコミュニケーションを描く――『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』

『電波女と青春男』がアニメ化され、どこの書店のライトノベルコーナーでも平積みされていたりと、今や話題のライトノベル作家の一人である入間人間(いるま ひとま)氏のデビュー作がこの『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(通称『みーまー』)でした(こっちもちょっと前までは平積みにされていましたが…)。

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

新品価格
¥578から
(2011/7/30 21:42時点)



田舎町を舞台に起こる連続殺人事件、そして小学生の兄妹の誘拐事件。この街としては8年ぶりの大事件です。
語り手の高校生「みーくん」(名前が明かされない)と、「まーちゃん」こと御園マユは、8年前にこの街で起こった誘拐委監禁事件の被害者でした
そして今は、小学生誘拐事件の犯人はまーちゃんでした。
まーちゃんと再開したみーくんは同棲を始めるのですが、家に監禁されている小学生の兄妹という問題を抱えており、そして殺人事件の方の犯人は……

――何とも説明しにくいストーリーですが、その原因はやはり独特の叙述スタイルにあります。
みーくんが何故再びまーちゃんの前に現れ、同棲を始めるのかについても、みーくん自身の心情はあまり語られません。
「嘘だけど」という印象的なフレーズが繰り返し使われ、真意ははぐらかされます。
(これが叙述トリックにもなっているミステリ仕立ての話で、またシリーズ続刊でも毎回のように殺人事件が起こりますが、ほとんどの場合フェアなミステリにはなっていません)

みーくんは陰惨な事件の最中で、周りにも読者にも嘘を吐き、しばしばひどい目に遭いつつ、飄々と語り、生きていきます。そしてまーちゃんは事件の後遺症で深く「壊れて」います。
それでも元気で生きてます、と。
そんな話です。謎解きを楽しむまともなミステリでもありませんし。

副題「幸せの背景は不幸」にも現れている通り、そんな風に生きていても幸せなのか――と考えさせてくれる話でもあります。
ミステリとは言えないないと言いつつ、肝心なところのネタバレは避けているので、核心に触れるところは語れませんが、「壊れた」まーちゃんについて精神科医・坂下恋日先生が語る一節を。

「あいつが感じてる幸せの背景は不幸色。けどどんなに周囲が不幸でも、ピントを幸せだけに合わせれば幸福。どれだけ幸福に満たされているように見えても、それを彩る背景は不幸一色。さっきの話でいうと主観と客観の差だろうけど、アタシから見れば不幸の塊の御園マユも、本人はみーくんが側にいれば幸せホクホクなんですって。こんなのがいればハッピーなんだから、あーら安上がり」
 (入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』、電撃文庫、2007、pp.184-185)


そしてその後、みーくん本人についても。

「君は、御園と一緒にいると、幸せ?」
 淡い靄を視界にかけながら、掠れた声が出た。
「はい」
 僕は、嘘をついたのだろうか。
 先生は何も言ってくれない。ダウトでも正解でもない。
 無視するように、顔を逸らされた。
 それはつまり、仮に僕が真実幸福の最中であったとしても、
 認められるものではないと、いうことなのか。
 (同書、pp.186-187)


自分のことでありながら、みーくん自身の気持ちは明示されません。

この文体こそが最大の特徴とも言えるものですし、もう少し触れておきましょう。
やたらと文飾に凝って、一言で言えることを長々と述べたり、脱線を差し挟んだりする文体は、今やライトノベルに広く普及したものになりました(他方で、シンプルな文体の作品もありますが)。
が、同じく饒舌であっても、例えば『涼宮ハルヒ』シリーズと比べてみると、違いがよく分かります。
以前に一度引用した『涼宮ハルヒの消失』を再び引きますが、

 心ならずも面倒事に巻き込まれる一般人、ハルヒの持ってくる無理難題にイヤイヤながら奮闘する高校生。それが俺のスタンスのはずだった。
 それでだ、俺。そう、お前だよ、俺は自分に訊いている。重要な質問だから心して聞け。そして答えろ。無回答は許さん。イエスかノーかでいい。いいか、質問するぞ。

 ――そんな非日常な学園生活を、お前は楽しいと思わなかったのか?

 答えろ俺。考えろ。そうだ? お前の考えを聞かせてもらおうじゃねえか。言ってみろよ。ハルヒに連れ回され、宇宙人の襲撃を受け、未来人に変な話を聞かされ、超能力者にも変な話を聞かされ、閉鎖空間に閉じこめられたり、巨人が暴れたり、猫が喋ったり、意味不明な時間移動をしたり、ついでに、それらすべてをハルヒに包み隠さなければならないというシバリの効いたルールで、不思議な現象を探し求めるSOS団の団長だけが何にも知らない幸福状態、張本人なのに気づけないってこの矛盾。
 そんなのが楽しいと思わなかったのかよ。
 うんざりでいい加減にして欲しくてアホかと思って付き合いきれないか。
  (谷川流『涼宮ハルヒの消失』、角川スニーカー文庫、2004、pp.211-212)


長々と語っているけれど、キョン自身の気持ち――「楽しいと思っていた」は、極めて明瞭です。
基本的にキョンは直情型ですし(※)。

そう、入間氏の文体において隠蔽され、迂回されているのは「感情」です。感情は決して辿り着けないものとして暗示され、その周りをぐるぐる回っているような感があって、それはしばしば読者の感情をも宙吊りにします
例えば、ぶっとんだ一家・大江家の登場するシリーズ4巻から。
二十一歳にして両親の言うことを何でも聞く長男・貴弘さんについて、母親の景子さんは…

「この子は両親の言うことをよく聞いてくれる子に育ちましたの」
 景子さんがはにかみ、自分なりに息子自慢をしている。教育に失敗したとは微塵も後悔していない、すがすがしい教育者の表情だった。
 貴弘さんも若干、自慢気に頬を緩めているし。ま、別に否定される性格ではないけど。
 物事は自分で判断することこそ正しいなんて、限ってないわけだし。
「例えば……貴弘、箸を投げなさい」
 景子さんの命令は、音速で貴弘だんに伝わり、実行に移される。持っていた箸(僕に配られるやつ)を全力投球で、壁際へと放り投げる。片方は沈み込んで絨毯へ投げ出され、もう片方は壁まで辿り着いて、軽音と共に跳ね返った。
「貴弘、拾ってらっしゃい」
 続く景子さんの『言いつけ』を、貴弘さんは判断を挟まないで実行に移す。小走りで箸を回収し、切っ先に絨毯の繊維をまとわりつかせたそれを、僕の前に改めて並べる貴弘さん。そして、感想と事後処理を省いて次の仕事に取りかかる。
「躾が行き届いているいるでしょう?」飼い犬と飼い主、両方を兼任した息子を自慢する景子さん。
「……そうですね」良し悪しは問わずとしても。
「学校ではなかなかこういった教育をして頂けませんので、親である私たちが責任を持って育児に励んだのですが……どうでしょうか?」
「どう」しようもない「けいさえ覚える家族の絆ですね」
 (入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』4巻、電撃文庫、2008、p.67-68)


最後でさらっと本音と建前が使い分けられていますが、ここでもみーくんは、この異様な一家について感情的な判断を表しません。
ここでツッコミが入ればギャグとして笑うべきだと分かり、異常さに恐れをなしたり怒ったりすれば深刻な問題なのだと分かりますが、淡々とした語りのゆえに、これはどこまで真面目なのか、読者も感情面の態度を決めかねるものがあります。
もちろんこの後、例によって陰惨な事件が発生し、やはり笑い事ではなかったのが分かるのですが、そこでもみーくんの語りは「大江家の教育の歪みを目の当たりにして、微かな身の危険を募らせた」(同書、p.131)と言うに留まっていたりします。

この辺は、青春恋愛ドラマである『電波女と青春男』でも共通するものがあります。
まず主人公が「青春ポイント」とか言って、自分がどれだけ青春を謳歌したかということを数値化している、つまり一歩引いて観察しているのですから。
それゆえ、ラブコメのお約束で「こいつがこの反応をするのは誰それのことを好きだから」というのが通じにくい、裏表なく気持ちを表しているようでもどこか確証の持てない雰囲気を残し、独特の味わいを出しています。

相手の感情というのは近いようで辿り着き難いというディスコミュニケーションを描いているのが、入間氏の作品の大きな魅力の一つです。
何しろ最初から、壊れた人達(みーくんまーちゃんに限らず、主要登場人物はまともでない人ばかりです)の嘘で塗り固められた関係を描いて見せていたのですから。

電波女と青春男 (電撃文庫)

新品価格
¥578から
(2011/7/31 23:11時点)





※ もっとも、どちらかというと『涼宮ハルヒ』の方が異質だという説もありますが。

佐々木〔敦〕 (……)キョンの独特な一人称はどうしても西尾維新のいーちゃんを思わせるところがあるんだけど、キャラクターとしての扱いはぜんぜん違いますね。西尾維新のあの一人称は、入間人間をはじめとして、その後に多大な影響を与えたと思うんですけど、同様に独特でありながらキョンの一人称って微妙にその系譜には入っていない感じがするんです。たとえば、いーちゃんは最後まで隠されたままかもしれないけれども潜在的な謎を持っている。別の言い方をすれば、西尾維新の語り手は必ずどこかで自分が「信用できない語り手」であることを匂わせている。入間人間になると、それ自体がトリックになっている部分があると思うんだけど、キョンにはその種の「信用できなさ」がなくて、すごく「普通の人」感がある。もちろん、この先何らかの仕掛けをしてくる可能性はありますけど。
 (佐々木敦・大森望「涼宮ハルヒは止まらない!!」『ユリイカ 7月臨時増刊号 涼宮ハルヒのユリイカ!』、青土社、2011、pp.18-19)


ただ、「西尾維新系」と『涼宮ハルヒ』との違いは同意するにしても、「西尾維新系」とは別に「ハルヒ系」の系譜が存在しないかと言うと――細かい差異をどれだけ問題にするかにもよりますが――、そうとは言えないと思われますが。

ユリイカ2011年7月臨時増刊号 総特集=涼宮ハルヒのユリイカ! The girl greatly enlivens the criticism!

新品価格
¥1,200から
(2011/7/30 21:46時点)



                           (芸術学4年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。