スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は大したことは書きません

最近読んでいる漫画。

笑ゥせぇるすまん (1) (中公文庫―コミック版)笑ゥせぇるすまん (1) (中公文庫―コミック版)
(1999/02)
藤子 不二雄A

商品詳細を見る

かの名作。
読むのは小学生時代に誰かが学校に持ってきていたのを少し読んで以来です。
その時には、クライアント(と言っても、基本的に喪黒の方が強引に取り入ってきていますが)の方が調子に乗って禁止されていたことをやってしまい破滅、というパターンの印象があったのですが…
今読んでみると、喪黒福造が最初から人を陥れるべく工作しているケースの多いこと(特に序盤は)。クライアントが調子に乗ってしまう場合も、喪黒がそうなるようかなり周到に仕向けてたりします。
何より、「セールスマン」と言いつつお金は取りませんし(しょっちゅう「ボランティアのようなものです」と説明しています)、「ココロのスキマ」をお埋めすると言うか、ココロのスキマをついて人を陥れるのが純粋に趣味としか思えません。本人がどうやって生活しているのかも謎ですが。

人格破綻してあっちの世界に行ってしまったクライアントの方が幸せに見えたりしますね

そしてこの「ドーン」

笑ゥせぇるすまん

相手の「ココロのスキマ」を見抜いて取り入る時、相手の約束破りを指摘する時など、使い方は結構色々です。

ちなみに、クライアントが調子に乗る主な要因が「ギャンブル、女、酒」というのも定番ですね。
その辺の浅ましさの描写は実に見事。
                           (芸術学4年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。