スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人格のファンタジー 『みーまー』と『ネウロ』

台風接近(また)で強風が吹いています。雨は一時期激しく降ったりもしましたが今(20時台は小降り。下手に傘を差すと骨が曲がるので困ります。

 ~~~

昨日が日常に関する話で、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』で締めくくったので、その続きとしましょう。
『みーまー』(略称)は、「超常現象は起こらないけれど非日常」という状況を実に見事に描いた作品でした。
もちろん、誘拐や殺人事件が起きるというのは十分に「非日常」な事件なわけで、そういう意味では超常現象の起こらないミステリやサスペンス等は皆そうです。
ただ、『みーまー』の真の非日常性は、そういう事件そのものと言うよりも、「登場人物が皆まもともでない」ことにあったように思われます。
主人公とヒロインからしてまともじゃありませんし、事件に関わる一群の人達が揃っておかしく、犯行動機を話されても普通には理解しがたい、ということもしばしばでした(特に、4~5巻の大江家や7巻の四人組辺り)。

直接の影響関係があるとは思いませんが、同タイプの内容をいっそうカリカチュアライズされた形で描いていた作品として思い出すのが『週刊少年ジャンプ』に連載されていた漫画『魔人探偵脳噛ネウロ』でした。
この漫画は「推理モノの皮を被った単純娯楽漫画」という触れ込みで、実際ほとんどミステリとしては成立していませんでした(この辺もある種『みーまー』に通じるところ)。
そんな本作の一つの特徴となったのは、犯行を言い当てられた犯人が「豹変」することでした。
ドーピングコンソメスープで強化変身して「さあ諸君、俺が逃げるのを止められるかな…」と言い出したり、鳥人間のように変身したり(理屈はありません)……
比較的大人しい方で、かつ分かりやすい例を一つ(ついでに、彼が犯人だとネタバレされてもほとんど問題ありませんし)。

ネウロ1

ネウロ2

ネウロ3
 (松井優征『魔人探偵脳噛ネウロ』7巻、集英社、2006、pp.53-54)

「遺産目当て」というのはミステリによくある動機ですが、家族を殺せば遺産が得られる状況にあったとしても、ほとんどの人は実際に犯行には及びません。
そこで「犯行に至った、その犯人固有の事情は何か」が問題になるのでして、これは本来「どうやってアリバイ工作をしたか」というのと同じくらい重要なことです。その意味でミステリとは(基本的には)「犯人を描く」ものです。
この点を間違って、とりあえずトリックだけをしつらえ、「怨恨」「遺産狙い」「痴情のもつれ」等の(それだけでは実は説明にならない)動機をあてがう、というのが出来の悪いミステリにありがちなことです。

これに対し、この『ネウロ』の例のような極端な犯人造形は、かえって「こんな犯人はありえない」ことを逆方向から浮き彫りにします。
その上で、いわば「人物造形がファンタジーだから」ということを「その犯人固有の事情」の説明の代わりにし、「現実的な説明はしません」と暗に宣言してしまう、これは画期的でした。

そう、こんな人格の犯人は超能力者や宇宙人と同じくらい、ファンタジックな非日常の存在なのです。

ちなみにこの犯人に対するネウロの決め台詞は――「ではあなたという枝も剪定(まび)いてしまいましょう。いくら残った枝が大きくても…それが腐っていてはしょうがない」

魔人探偵脳噛ネウロ 1 (ジャンプ・コミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 1 (ジャンプ・コミックス)
(2005/07/04)
松井 優征

商品詳細を見る

                           (芸術学4年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

動機の「内」と「外」

そろそろ研究会まで二週間を切ったので、発表原稿もまとめにかからねばなりません。 中止になった春の時もそうでしたが、発表内容が被りはしないものの、皆近いところから題材を取って来るのです。それだけに...
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。