スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦いは終わらない…

大学院入試の出願書類には履歴の項もあります。
ここでは、「空白期間のないように」と。

…いやまあ、それが普通なのかも知れませんが、あんまり考えたことがありませんでしたね。
私の場合、前の大学をやめてから今の大学を受験する準備で河合塾に入るまでに、在学も在職もしていない期間がありますからねえ…
こういうことの痛手は存外大きいものです。
まあ仕方がありませんね、無い身分があるようにはなりませんから、誤魔化すわけにはいきません。適当に名目を付けて事実を書いておくより他ないでしょう。宅浪という言葉もありますし。
この手の空白期間のある人間をそもそも受け入れないというのなら、ご縁がなかったということです。

 ~~~

話題を変えまして……『炎神戦隊ゴーオンジャー』('08年)という番組は、割と定番の「中盤での新たな敵幹部の登場」といったイベントが控えめでした。新たな敵登場か? と思っても、せいぜい2話で倒される強敵止まりでした。比較的長期間いたのは害地副大臣ヒラメキメデスくらいで、彼も比較的早めに退場。
しかも、当初3人いた敵組織「蛮機族ガイアーク」の幹部――害地大臣ヨゴシュタイン、害気大臣キタネイダス、害水大臣ケガレシア――の内、ヨゴシュタインも第36話で退場しました。
一方で、ゴーオンジャーに変身能力を与え、合体して巨大ロボにもなる相棒「炎神(エンジン)(※)は強敵の登場とセットで新登場、強敵が倒された後も仲間にとどまるwけで、当初の5体から12体まで増えてしまいました。
ちなみに、近年の戦隊シリーズでは覚えきれないくらい巨大ロボの数も増えていますが、『ゴーオンジャー』の場合(やはり数は多いものの)割とシンプルで、炎神が3体ずつ合体して人型ロボになり、さらにそれらを足していくことで「エンジンオーG6→G9→G12」とバージョンアップしていきます。

※ 余談ですが、番組が始まった時、この漢字で「エンジン」と読ませるネーミングセンスは良いと思ったんですけどねえ…(当然のように、皆乗り物をモチーフとしたメカ達です)

しかし第43話にして「掃除大臣キレイズキー」が登場(お察しかと思いますが、「汚い」ことを良しとするガイアークなのに「綺麗好き」なのは敵を「掃除」する暗殺者だからです)、これは強敵か……と思いきや、彼も2話で倒されました。
どうやって、どんなラスボスを出して終わらせるつもりなのか視聴者が不思議に思い出したところで、そこからさらに2話ほど置いて、キレイズキーの残した異次元に繋がるゴミ箱から「総裏大臣ヨゴシマクリタイン」(ヨゴシュタインの父)とその部下「危官房長官チラカソーネ」が登場、物語はクライマックスに向かいます(彼らの存在はキタネイダス達も知らなかったようで「余たちは結構下っ端だったぞよ…」と)。
ヨゴシマクリタインは必殺技「正義解散」で今まで増えてきた炎神達を消滅させるなど、さすがにラスボスらしくシリアスな強敵でした。ついでに、すっかり3枚目になっていたキタネイダスとケガレシアも、多少の見せ場を持って死にましたし…

さて最終話、平和の戻った世界で生活していた(元)ゴーオンジャー達のところに、再び炎神達が現れます。

「大変だ、長い間行方不明だったガイアークの害統領が現れた!!」

かくしてゴーオンジャーは新たな戦いに向かう…というところで終わりでした。
ところが、それから一年近く後の映画「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!」('10年1月30日公開)にて、冒頭でナレーションが言ったのは…

「ガイアーク害統領バッチードとゴーオンジャーの戦いは、ガンマンワールドに移って続いていた」

「まだ続いていたのかよ!?」というのが正直な感想でしょう。まあ確かに、例年恒例の「VS」に不自然さなく繋がっていますが…

そして本日、『海賊戦隊ゴーカイジャー』の次号予告にて。

「ガイアークの生き残りが現れた!!」

またか。
繰り返しはギャグの基本というか、笑ってしまいましたけれど。
まあ設定上も、ガイアークの生き残りはあちこちに散らばっているとのことでしたが…。
というわけで次回はゴーオンジャー編のようです。

ところで、『ゴーカイジャー』の敵怪人は(安直なネーミングが多いものの)ネーミングにはっきりとした規則性はなく、「過去の戦隊と戦った敵組織の残党」という設定も可能そうですが、明示されたのは多くはありません。分かっている限りだと、

・第7話(ゲキレンジャー編)のパチャカマック13世は『獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー』に登場したパチャカマック12世の後継者。
・第21話(ボウケンジャー編)では『ボウケンジャー』の敵・ジャリュウ一族のリュウオーンが復活。
・第25・26話(ハリケンジャー編)では、『ハリケンジャー』の敵・宇宙忍群ジャカンジャの幹部・サタラクラとサンダール…の同族と思われるサタラクラJr.とサンダールJr.が登場。

第7話と第25・26話の場合はザンギャックの行動隊長としての登場でしたが、第21話はストーリーそのものが完全にザンギャックとは無関係でした。次回も予告を見た限りだと後者の感じですね。

 ~~~

『這いよれ!ニャル子さん』、半年振りの新巻です。
本当は昨日発売のはずが、今日の午後になって届くとは、AMAZONの仕事も当てになりません…

這いよれ!ニャル子さん 8 (GA文庫)這いよれ!ニャル子さん 8 (GA文庫)
(2011/10/17)
逢空 万太

商品詳細を見る

内容はまったくいつも通り。後半はいつもより若干シリアスな雰囲気もありますが。
そして、今日ようやく第7話放送の『仮面ライダーフォーゼ』ネタが前半に早くも出てきます。

「しかし何でまたルーヒーまで学校に来たんでしょうね。年甲斐もなく青春スイッチオンしたかったんでしょうか。英語で言うとスペース・オン・ユア・ハンド」
 (逢空万太『這いよれ!ニャル子さん』8巻、ソフトバンククリエイティブ、2011、p.94)


この他にも何箇所かありますが(当然のように「宇宙キタ――――ッ!」あり(p.195))、一体どういう執筆スケジュールをしているんでしょうか。
                           (芸術学4年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。