スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クトゥルーネタという世界

アクセス解析の結果を見ていると検索キーワードに「imprimitura imprimatura」というのが。

そう言えばそんなことも書きましたね。参考になりましたでしょうか?

 ~~~

以前にも少し触れたのですが、内容のことは語らないままになっていたライトノベルがありましたね。

うちのメイドは不定形 (スマッシュ文庫)うちのメイドは不定形 (スマッシュ文庫)
(2010/06/10)
静川 龍宗

商品詳細を見る

これです。
あらすじはまあ、公式の紹介文や各種レビューにある通りです。東京都蜷川区で一人暮らしをする高校生・新井沢トオルのもとに、南極で仕事をしている考古学者の父から荷物が届きます。指示にある通り、その荷物をお湯につけて3分待つと、出てきたのはメイドさん…
彼女は何十億年も昔に「グレート・オールド・ワン」によって作られた人工生命体「ショゴス」で、名前は「テケリ・リ・テケ・テケ・利・ル・リ・テケリ・テケ・リ・ラ・ル・ラ・テケリ・テケ・テケリ・リ・ル・ラ・リ・テケリ・リ」、通称「テケリさん」。
つまりクトゥルー物にしてメイド物です。

テケリさんは本来緑色の不定形生物で、人間のメイドさんの姿をしているのはトオルの父に仕込まれてのこと。
それゆえ手を増やしたり、
テケリさん(手)
 (著/静川龍宗、原案/森瀬繚『うちのメイドは不定形』、PHP研究所、2010、p.171)

12人に分裂したりできます。
テケリさん(分裂)
 (同書、p.51)

一応ストーリー要素としては敵(?)との戦いもあり、またその相手がトオルを追っ手と勘違いしたまま、「これだけ堂々と使い魔を連れてくるとはよほど自信があるに違いない」と思い込みを深めていくコメディチックな展開もありますが、それほどインパクトの強いものではありません。
やはりこの話は、基本的にはテケリさんというキャラクターに尽きます。

ロングスカートのクラシックなスタイルで、人間社会のことは学んでいる最中などでいささか常識に疎いところはありますが、あくまで人柄は良くご主人様のために一生懸命と、その仕事ぶりに関してはきわめて正統派のメイドさんです。
しかも手を増やしたり分裂したりで何人分もの仕事をこなすハイスペックさ。
いや手が増えたり分裂する時点で普通ではありませんが。

今や「人外の女の子キャラ萌え」というのは珍しくもないもので(むしろ、この一言で括るのが不適当と思われるくらいに多様なものがあります)、人外らしい異形さを売りにしたキャラも少なからずいますが、テケリさんの場合、そうした異形っぷりを発揮しつつ、「人格はむしろ、当今のメイドの中でも極めて正統派かつまとも」というのが、ギャップすら感じさせないほどよく嵌まっています。


なお、同じくクトゥルーネタのライトノベル『這いよれ! ニャル子さん』でもすかさずテケリさんネタがありました。

 ダゴモン
「どう、これ! すごいでしょ! 『テケリ』だよ! 地球の日本、しかも蜷川区でしか配信されない伝説のモンスターなんだよ!」
 (逢空万太『這いよれ! ニャル子さん』6巻、ソフトバンククリエイティブ、2010、p.270)


ダゴモンとはダゴン+ポケモンというネタですが…。蜷川区という地名からしてネタは明らか。
しかも本文では「緑色のキュートなフォルム」(同書、p.272)と言いつつ、イラストは

クー音(テケリ)
 (同書、p.271)

どう見てもメイドさんです。


そう言えば、『ささみさん@がんばらない』でも、クトゥルー神話の登場する7巻では、

「フフフ、『いつもニコニコあなたのそばに這いよる謎の後輩キャラ』、布津野弥火です!」
 そのキャッチフレーズはだいじょうぶなの?
 (日日日『ささみさん@がんばらない』7巻、小学館、2011、p.7)


とニャル子さんのキャッチフレーズ(「いつもニコニコあなたのそばに這いよる混沌、ニャルラトホテプです」)を堂々とパクり、クトゥルー神話について解説する箇所では、

「ま、とはいえ、あたしはクトゥルー御大やニャル子さんに会ったことねーし、実際にラヴクラフトが想像したとおりの『神々』がいるとは思わないけど」
 いま、すごく危険な地雷を踏んだ気がしたので、わたしは聞かなかったことにして、
 (同書、p.54)


とまで。

かようにクトゥルーネタという業界の結束は固い(?)。

なお、『うちのメイドは不定形』はスマッシュ文庫においては好評な作品の一つですが、原案と作者が分かれているためにチェックの都合か、2巻の発売は延期が続いています。
                           (芸術学4年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

話が膨らんでくるところ――『うちのメイドは不定形 2』

今回取り上げるライトノベルは、実に3年ぶりの新刊となる『うちのメイドは不定形』の第2巻です。 うちのメイドは不定形 2 (スマッシュ文庫)(2013/05/09)森瀬 繚、静川 龍宗 他商品詳細を
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。