FC2ブログ

主題が見えてくる

あちこちの専攻で、平成24年度限りで定年退職となる先生がいらっしゃるようで。
しかも大物であったり、他に同タイプの先生がいなかったりするので、その後どうなることやら……という不安も囁かれます。
森田先生の後任(平成25年4月より採用)となる西洋美術史の先生の公募も出ていますね。
こちらは「博物館勤務経験者が望ましい」とのこと。学芸員資格課程の仕事も必要になってきますからねえ。

 ~~~

他の話題も続けられますが、またTV番組の話に移ります。
第2話となる『特命戦隊ゴーバスターズ』ですが、今回、それぞれが「レッドバスター」「ブルーバスター」「イエローバスター」というのみの名乗りはありました。「○○戦隊」を言わない名乗りは過去にもありましたが、「ゴーバスターズ」とも言わないとはのは新趣向。決めポーズもありませんし、やはりリアル志向で名乗り&決めポーズは最小化した、という感じですね。
今回はメタロイド(等身大の怪人)が倒された後にメガゾード(敵の巨大ロボ)が出現する展開になりました。メガゾードが転送されてくるまでに時間がかかって、画面右下にリアルタイムで転送完了までのカウントダウンが表示されるのですが、今回は8分台と長めで始まったカウントが途中で2分くらい端折られましたね。
この世界では新エネルギー「エネトロン」が実用化されており、敵の狙いは都心にあるエネトロンの工場です。
つまり、「なぜ敵は日本の都心ばかり狙うのか」という疑問に対し、「そこに狙うものがあるから」という明快な答えを用意した『エヴァンゲリオン』的設定ですね(※)。

※ ヒーロー番組の舞台となる場所はつねに明示されるわけではなく、実はかなり日本の広範囲に渡っているという設定の場合もありますが。

それから、ゴーバスターズとなる3人の素性および力の根拠も明らかに。
彼らはある種のアンチウイルスシステムを「インストール」された人間で、それゆえにヴァグラスに対抗する力を持っているのですが、その代わり「パニックになるとフリーズする」とか「エネルギー補給が欠けると動けなくなる」とか「動きすぎるとオーバーヒートする」といった機械のようなウィークポイントを持つことになっている、という設定です。
つまり、彼らはいわば“コンピューター化された人間”であって、やはり相棒のバディロイド(ロボット)の方が人間臭いのも糸的な対比だったようです。
他方、敵のヴァグラスもまさにコンピューターウイルスであって、テーマは機械と人間の複雑な関係、ということになりましょうか。

 ~~~

『仮面ライダーフォーゼ』、ドラゴン、ペガサス、キグナスと『聖闘士星矢』ネタで来たので次はアンドロメダかフェニックスか……と思っていたら、前回の予告では過去のゾディアーツが再登場(いわゆる再生怪人ネタ)。
これは過去にゾディアーツとなった生徒がふたたび…というわけではもちろんなく、ゾディアーツを再現する能力のあるゾディアーツの仕業です。それは……


 髪の毛座のゾディアーツ


これこそ星座モチーフ、という感じではあります。

そして、問題は卒業式です。「仮面ライダー部」からも3年生の風城美羽と大文字隼が卒業することに。
……彼らはこのまま退場するのでしょうか。1~2月に番組交代ならばこういう妙なことにはならないのですが、『ディケイド』以来番組交代が半年ずれていますからねぇ。

新幹部のキャンサーはいい味を出しています。ただ、幹部に加わるとまず、校長(リブラ・ゾディアーツ)に対し「もう同じ幹部だ。上から目線はやめてもらいましょうか」と宣言した彼、今回ますます校長との間は険悪に。
今回は自ら生徒にスイッチを渡して手駒を作ってきました。この「手駒」たる髪の毛座も破れれば校長としては溜飲の下がるところかも知れませんが、逆に成功(=新たなホロスコープスが誕生)してしまったら、いよいよ校長の立場は厳しいことになるのではないかと…

さてどうなるか、こうご期待。
                           (芸術学4年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告