スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士号が出る時

昨日の続きですが、まずは19日に西穂高岳の山頂付近から撮った(と記憶している)写真を2枚ほど。

西穂山頂から(1)

西穂山頂から(2)

20日はまたしてもバスで中ノ湯(長野県松本市)に向かい、上高地を歩いて往復します。もうほとんど「登山」ではなく、水平な道を歩くのみですが。
大正池。その名の通り、大正時代に火山の噴火で川が堰き止められてできたこの池も、近年は埋まってほとんどただの川の一部になってきていますが……

大正池(2012年3月)

河童橋まで行って戻って来ました。この写真は橋の上から撮ったもの。

上高地(2012年3月)

この日も天気が良くて(と言っても、陽はそれほど照っていませんでしたが)良かったですね。
午後からは次第に雲が出て来て、この後間もなく山は雲に隠れてしまいましたが。

上高地(2012年3月)

戻ったら松本駅に出て、そのままJRで名古屋に帰還です。
バスで松本に下りる予定でしたが、中ノ湯にはたまたま馴染みのタクシー運転手さんが来ていたので、ありがたくサービス料金で乗せていただくことにしました。

ところで、タクシー運転手さんの話によると、松本市にはなんと60年無事故無違反という凄いドライバーがいるとか。
東京などではそれが困難なのは、ゲリラ的に取り締まりがあるから――つまり、スピード違反程度なら日常茶飯事なわけで

「自分は運転が上手いから」と無茶をするのが事故の素、安全を心がけるのが一番大事――と教習所では教わるわけで、それは一つの真理だとは思いますが、安全運転は教わっていても「雪国ではタイヤにチェーンを付ける」ということも知らない人がいて現に事故を起こしていると聞くとあまりに……

昨日言ったように、馬刺しが手に入らなかったのは残念。

 ~~~

今日はまた用事で少々大学に行ってきました。

ところで、今年は本学に博士課程が設立されて3年目、つまり初めての博士課程修了者が出ます。
さすがに博士課程となると、そう簡単には出られません。駄目なら落とされます。設立1年目、美術研究科では10人くらい博士課程に入りましたが、今年修了して博士号を取得するのは3人。
噂によれば、やはり入学時に先生方が満場一致で認めた学生は良くて、半々くらいで意見が割れた学生は厳しいとか。
なら、「これからは満場一致で認められた奴以外は入学させないことにしよう」ということになっても、不思議はありません。

ちなみに、この3人の内日本人は一人で、他はそれぞれモンゴルと韓国からの留学生だとか。
やはり、わざわざ異国までやって来て必死でやっている留学生は強いのでしょうか。

そんなわけで、資料館では博士課程修了学生の作品が展示中です。さらに今日は、先生方を呼んでちょっとした謝恩会を開催するとのこと。私も先生に連れられて最初の挨拶だけ見てきました。
                           (芸術学4年T.Y.)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。