スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼は生き残った

本日の『仮面ライダーフォーゼ』ですが……高村優希奈は「ずっと弦太郎のことを見ていた」がゆえに、弦太郎がフォーゼであることも知っていました。
だからこそ「そんなことはやめて、普通に修学旅行を楽しもう」と訴える優希奈と、フォーゼドライバーがあろうがなかろうが人を守るため戦う弦太郎の対比が主題になり、優希奈もそんな弦太郎を理解して協力し「友達」になる、という展開に。
撫子がどうこう以前に恋愛は主題にすらなりませんでしたね。
いささかあっさりしていた印象はありますが、まあ「ヒーローの力がなくとも戦う姿勢」という定番のテーマの一つです。

そもそもフォーゼドライバーは着用者を選ぶようなものではなく、元々は賢吾のものだったのですが、身体の弱い賢吾を見て弦太郎は自ら変身したのでした。つまり、「人のため、友達のため戦う男」という人格であればこそ弦太郎はフォーゼになったのであって、その意味で彼は最初から形式と実質の一致したヒーローでした(「ヒーローの形式と実質」)参照。そう考えれば、あっさりしているのも納得でしょうか。

他方で、敵はひとまず京都の四方の守りを破壊するという目標は達成。
コズミックエナジーを利用するための古代のシステムが破壊されたことで京都上空のザ・ホールは消滅し、天ノ川学園への一極集中が達成された……と。
……前回の内容だと、フォーゼ=弦太郎を修学旅行で京都に来させたのも計画の内だったようですが、それだけのことならフォーゼのコズミックエナジーを利用する必要は必ずしもないような気も…?

そしてレオ・ゾディアーツ――立神吼(たつがみ こう)もついにフォーゼ達と交戦です。
仮面ライダーメテオの強化フォーム・メテオストームも初登場時にキャンサー・ノヴァを(やけに見た目の地味な技で)倒してしまって圧倒的な印象でしたが、そのメテオストームが「つまらん」というレベルで歯が立たないとは……この後どうなるやらは分かりませんが。

他方で、ホロスコープス中の二番手として登場したリブラ(校長:速水公平)は必ずしも、他と比べて圧倒的に強いという印象でもありませんでしたからねえ……立神に「すでに超新星の力を得たホロスコープスが3人、フォーゼに倒されている(※)。超新星も得ていないお前では無理だ」とまで言われてしまい、実際その通り、きわめて順当に敗北。

※ 実際にはメテオの倒した分を含みます。

絞まらない最期かと思われましたが、土壇場で超新星の力――それも他人の星の運命が見える「ラプラスの瞳」なる力に覚醒したため処分見送りとなった模様。
何だかんだで最終回近辺まで生き延びそうですね、彼は。

そしてこの「ラプラスの瞳」で理事長・我望光明には射手座が見えました。
ホロスコープスを束ねる我望は星座とは別枠かと思われましたが、ここで射手座…? しかもまだ登場していないとは。
いずれにせよ、この射手座を除けばまだ出ていない12星座は残り5人ですか。

そして我望が賢吾の父親とともにコズミックエナジー開発をしていた人物であり、賢吾の父を殺した人物であることも明言されました。
いや、月面基地をゾディアーツが襲っている場面を最初に見ている以上、視聴者には元々明らかなことでしたが、「君のお父さんを殺したのは私だ。/実際に手を下したという意味じゃない。あの時止めていれば彼は死なずに済んだろうという意味だ」とはっきり言っておいて、実はやっぱり実際に手を下した、という展開はある種斬新でした。
弦太郎の両親についてはどうなっているんでしょうね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

まとめtyaiました【彼は生き残った】

本日の『仮面ライダーフォーゼ』ですが……高村優希奈は「ずっと弦太郎のことを見ていた」がゆえに、弦太郎がフォーゼであることも知っていました。だからこそ「そんなことはやめて、普通に修学旅行を楽しもう」と訴える優希奈と、フォーゼドライバーがあろうがなかろうが...
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。