スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵巻物の超展開

愛知県芸時代、日本美術史の演習で《吉備大臣入唐絵巻(きびのおとどにっとうえまき)を読んだことがあります(現物のくずし字を)。

吉備大臣入唐絵巻 知られざる古代中世一千年史吉備大臣入唐絵巻 知られざる古代中世一千年史
(2009/11/11)
倉西裕子

商品詳細を見る

当の作品はこちら↓

吉備大臣入唐絵巻 (日本の絵巻)吉備大臣入唐絵巻 (日本の絵巻)
(1987/06)
小松 茂美

商品詳細を見る

遣唐使として唐に渡った吉備真備が活躍する物語ですが……この内容がなかなか凄い。
まず、史実では真備とともに遣唐使として派遣され、かの地で一生を終えたはずの阿倍仲麻呂なぜか唐人に殺されて鬼(=幽霊)となって登場します。

 この物語はフィクションです。実際の人物・団体・事件・国際政治等には一切関係ありません。

その後の内容もかなりのものです。何しろ、どうやって牢から脱出するかと問われて真備、「われ飛行自在の術を知れり」
空を飛んでいるビジュアル等と合わせて、いかにも漫画的な感覚です(別にご都合主義でいい加減な展開だとバカにする意味ではなく)。

私としては、現代のアニメや漫画、あるいはライトノベル(文章に絵が付いているという意味ではこちらが近いのでしょうか)をこうした作品と結び付ける発想にただちに与するわけではないものの、こういうのを見るとなにやら通じるものをは感じたくもなります。

ちなみに、この絵巻において「唐人」は基本的に悪役で、真備を牢に幽閉し、文書(『文選』)を読ませたり囲碁で勝負したりして試して、恥じをかかせようとします。
この物語はフィクションであるものの、とかく唐人に舐められないような存在にならねば、という平安の読者の感覚をここに読み取ることはあながち見当違いでもないでしょう。
遣唐使から無事帰国し、後に日本で出世したほぼ唯一の人物である吉備真備が主人公に選ばれているのも、おそらくそのためと思われます。

 ~~~

今読んでいる本。

昆虫食入門 (平凡社新書)昆虫食入門 (平凡社新書)
(2012/04/15)
内山 昭一

商品詳細を見る

著者の肩書きからしてまず「昆虫料理研究家」とあります。
各国の昆虫料理やら、様々な虫の味の評価表やら、昆虫食に対する人々の意識やら、漫画や映画に描かれる昆虫食の描写やら……と話題は多岐に渡ります。
私も長野に行くとしばしば蜂の子イナゴを買って来ますが……

虫寿司

こんな風に料理(この場合は寿司)に虫を組み込まれるとかえって食欲が失せる気がするのは気のせいでしょうか。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。