FC2ブログ

帰省中

現在、若干の用があって帰省中です。
大部分の資料は京都に置いてきてしまったので、今すぐ書けるネタがあまりありません。ですから記事は短くなります。

最近、また新たなところから、下手すると20分に1回くらいの頻度でスパムメールが届くようになりました。夜中にまで届くようだと携帯電話を目覚ましにも使えませんし、受信拒否のもう少し細かい設定が必要になりそうですが……

 ~~~

以前に触れたことがあったかも知れませんが、印象派などの展覧会では、しばしば「綺麗な絵ね~」と言っているおばさんを見かけます。もっと古典的な写実絵画の場合「うまいわね~」
だから、さる人の言を借りれば、美術評論家がセザンヌを好きなのは「綺麗」じゃないから、「うまいわね~」と言っているおばさん達には分からないから、だという噂もあります。

やはり日本人がとりわけ輸入美術を理解していないのかどうかはさておき、とにかく写真のある現代において、ただ「写真のように」「上手く」実物を写し取ることそのものにはほとんど価値が認められないのは比較的容易に理解されることでしょう。

現代にも「写実」画家はいますが、そこには写真の平坦な印刷では出せない効果を追求するとか、一見写実であっても実は現実に存在し得ないものを描くとか、内容面で何らかの「見えないもの」を込めるとか、逆にあえて写真に同化するという戦略を示すとか、様々な工夫が求められます。

そして、たまたま生協で見かけた現役作家の作品集がこれです。

どうせなにもみえない―諏訪敦絵画作品集どうせなにもみえない―諏訪敦絵画作品集
(2011/08/02)
諏訪 敦

商品詳細を見る

《どうせなにもみえない》とは諏訪の一連の作品群のタイトルで、表紙の作品もその1枚とのことですが、ある意味では西洋絵画の「ヴァニタス」の伝統に連なる髑髏を掲げつつ、視線は何を見ているでもなく虚空をさまよっている風の女性像、これは何か「見えないもの」を感じさせるに十分でした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

まとめtyaiました【帰省中】

現在、若干の用があって帰省中です。大部分の資料は京都に置いてきてしまったので、今すぐ書けるネタがあまりありません。ですから記事は短くなります。最近、また新たなところから、下手すると20分に1回くらいの頻度でスパムメールが届くようになりました。夜中にまで届?...
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告