スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新メンバーの出し方はつねに問題だ

昨夜はブログの記事を書いている頃に謎の腹痛に見舞われました。
何か食べ物に原因があったと仮定して……味や臭いに腐敗の気配は感じなかったのですが。

そう言えば、雪印の工場が一時停止して2時間ほど牛乳が常温に放置され、黄色ブドウ球菌による中毒を引き起こした事件がありましたね。黄色ブドウ球菌の毒素は加熱処理して分解されないので。
というわけで、何かの毒素による中毒だとすると、直前に加熱調理していることも含めて条件は合いますね。黄色ブドウ球菌の中毒症状はもっぱら嘔吐とのことなので、どうもそれではなさそうですが。
他の材料はもったいないと思いつつ、疑惑のあった料理は廃棄しました。

 ~~~

遅ればせながら、一昨日のTV番組の話でも。
『特命戦隊ゴーバスターズ』は恒例の新戦士登場となります。

まず『ゴーバスターズ』の基本設定として、バスターズの3人にはそれぞれ相棒のロボット・バディロイドがいますけれど、レッドバスターの相棒であるチダ・ニックはバイクになってレッドバスターを乗せたりと活躍するものの、後の2体は基本的に等身大戦の時には待機です。
リュウジ(ブルーバスター)を助けに行こうとするゴリサキを黒木司令が「駄目だ、お前たちはバスターマシンの心臓部だ」と止めた場面などは象徴的で、「人間が行けない危険な仕事をロボットがやる」という役割分担もここでは逆なのですね。

さて、ここで新登場の陣マサトにも相棒のバディロイド、ビート・J・スタッグがいます。
ところがマサトがビートバスターに変身すると同時に、ビート・J・スタッグもスタッグバスターに変身。
これは珍しい、と言うか、外見も名称(「~~バスター」)も同じ戦隊の規格に入る戦士が変身前の人間体を持たないというのは初ですね。

初期メンバーが3人の場合、途中からは2人加入というのが通例でしたので(先例としては『ハリケンジャー』や『ゲキレンジャー』)、上手く人数を稼ぎつつ、彼だけは「バディロイドも戦う」という形にして差別化を図った感じですね。
新メンバーとの間には当初緊張関係があるのも恒例で、まずは敵か味方かはっきりしない状況です。
しかもマサトはリュウジの先輩で、13年前に亜空間に消えた人たちの中にいた一人ですが、どうも13年前から歳を取っていない模様。
亜空間に消えた他の皆がどうなったのかも含めて、物語の鍵を握るキャラクターにもなりそうです。


『仮面ライダーフォーゼ』順調に一人2話でホロスコープスを処理しています。
今回のエピソードでは、弦太郎が「お前と友達になる!」とロックオンした相手がホロスコープスという事態が初めて生じました。相手は留学生のエリーヌ須田(アクエリアス・ゾディアーツ)。ただ物語のメインは、弦太郎の旧友にして仮面ライダー部の一員である城島ユウキを認めず敵視する彼女が、ユウキを認め「友達」になる過程にありましたが。手を握り、拳を打ち合わせる「友達」の儀式を弦太郎以外の登場人物同士で行うのも初めてですね。

とは言うものの、我望光明を敬愛するエリーヌは「ワタシはあの人が好き。だから裏切れないよ」と、友達になった上でやはりフォーゼと戦います。
個人的には親密な関係になりつつも、種族や立場からやはり戦わねばならない――というのもたまにあるエピソードで、ヒーローの宿命というものを感じさせる話になることもあります(『超光戦士シャンゼリオン』の「ごめんね、ジロウ」などは名作だと思っています)。弦太郎の「友情」は時として「友達」とも戦わねばならないことも今まで描かれてきた通りですが、ただ『フォーゼ』の場合、ゾディアーツとして倒された相手は死にはしません。
とは言え、幹部は我望たちの正体などを知っているということもあり、ヴァルゴ・ゾディアーツによって回収されます。エリーヌはこの前のエピソードの五藤(カプリコーン・ゾディアーツ、彼も仮面ライダー部のJKの旧友)に引き続き、その功績ゆえに「記憶を消して放り出す」だけで済まされましたが、「友達」になった記憶も消されるというのは、必ずしも軽いことではありません。
ラストで弦太郎たちの記憶を失くしているエリーヌと再開する場面は、一緒にはしゃいでいてもどこかそんな寂しさを感じさせる一幕ではありました。

そして今回は一気に、生徒会副会長にしてユウキや賢吾とともに宇宙飛行士養成特別奨学生となった杉浦雄太が次の牡牛座のゾディアーツであることも校長の「ラプラスの瞳」によって発見されます。
次の2話で牡牛座も処理されるとして、それで40話まで消化、他方で残るホロスコープスは双子座と魚座、そして我望自身が射手座です。
さらに前のカプリコーンのエピソードでは、アストロスイッチともゾディアーツスイッチとも違う、失われたと思われていた「コアスッチ」が存在することも発覚。いよいよ大詰めという感じになってきました。


超光戦士シャンゼリオン BOX [DVD]超光戦士シャンゼリオン BOX [DVD]
(2003/06/21)
特撮(映像)

商品詳細を見る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

まとめtyaiました【新メンバーの出し方はつねに問題だ】

昨夜はブログの記事を書いている頃に謎の腹痛に見舞われました。何か食べ物に原因があったと仮定して……味や臭いに腐敗の気配は感じなかったのですが。そう言えば、雪印の工場が一時停止して2時間ほど牛乳が常温に放置され、黄色ブドウ球菌による中毒を引き起こした事件?...
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。