スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このままどこまでも――『俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!?』4,5巻

なぜこう疲れているのか、なぜこうも一日中眠っているのか、原因は正確には分かりません。

そんなこんなで手短に。

 ~~~

『仮面ライダーフォーゼ』、タウラス編の後半ではヴァルゴ・ゾディアーツの正体が明らかになり、そちらに食われた感もありました。そもそも、途中で敵と「友達」になって和解しようと、控えている幹部に操られるとかボスへの忠誠心を捨てられないとかで、一応ライダーvsゾディアーツの戦いはやって締めるのがヒーロー物としての定番でしたが、タウラス編はその辺も変則的な形になりましたし……
そしてヴァルゴの方も、正体発覚からさらにもう一つの「正体」、そして敵側の審判・処刑役だったヴァルゴが実は裏切り者でライダー側の支援者だったというところまで、怒涛の展開で慌しすぎた印象もありますね。

ただ、力に魅せられて友人を裏切り、殺しておきながら、おそらくは罪の意識に苛まれ、償おうとしていたというのは、弦太郎と対立した流星が辿ったかも知れない道を思わせて興味深いところではありますが……
そして我望光明、賢吾の父親の歌星緑郎博士に「直接手を下したわけじゃない」というのは一応本当だったのですね。形式的には嘘は言っていない辺りがいっそうの腹黒さを感じさせます。
その我望もついにサジタリウス・ゾディアーツに変身、さすがにラスボスらしい圧倒的な強さを見せました。

他方で校長・速水公平、我望から何も知らされていなかったことに疑問を抱き、「我望さまに疑念を抱くことは反逆だ」と言う立神と対立を見せていましたが、ここでも自分が反逆者を糾弾する側に回り生存。しぶといですね。

 ~~~

発売から少し経ってしまいましたが、2~3巻辺りまで触れたきりであったライトノベル『俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!?』も気が付けば5巻発売です。

俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!? 4 (HJ文庫)俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!? 4 (HJ文庫)
(2012/03/30)
なめこ印

商品詳細を見る

俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!? 5 (HJ文庫)俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!? 5 (HJ文庫)
(2012/06/29)
なめこ印

商品詳細を見る

3巻では烈火と同じく物語に巻き込まれる体質のヒロイン・万丈響が登場、響経由で他の「物語」に巻き込まれるという形だったので、「ヒロイン」は響一人でしたが、4,5巻ではまた一度に3人のヒロインの物語に巻き込まれる仕様が続きます。
新趣向として、ヒロインが「敵」という状況で、それでも彼女を救わねばならない、というパターンも出てきますが……

それから4,5巻では、前半は烈火がうっかりヒロイン達と予定をブッキングさせてしまって悩んだり、常夏の星に遊びに行ったり(そんなわけで5巻は水着回です)と日常編が展開され、その中で新たな事件に巻き込まれる構成になっています。段々数が増えていく中で、今まで登場したヒロインも様々な形で見せていこうという工夫が窺えます。
戦力バランス等の都合もあり、全員が登場できないこともありますが、他方で2巻で登場したものの最近影が薄かったテトラが5巻では活躍したり、なかなか配慮が行き届いています。

そんなわけで、各ヒロインのキャラ像も物語も実に安定しています。

それぞれの物語は政治の暗部やら差別やらといった重くなりそうな題材を含みつつ、ご都合主義的に解決してしまうのはいかにもライト。でもそれぞれの「物語」の限界を超えていく楽しみとはこういうものでしょうか。

主人公の烈火はつねに身体を張っており、一時的に手に入れた力で敵と直接戦ったりもして熱いいい主人公ですが、やはりというか女性関係にはとことん鈍感。
「鈍感な主人公がヒロインを助けてフラグを立てまくってしまう」という定番の設定が最初に予告済みというのは色々な意味で偉大ですね。
それに、怒涛の勢いでヒロインが増えるばかりで誰かを好きになるどころではない、という彼の気持ちは(残念ながら、と言うべきか)よく分かるのです。

そんな中、5巻ではこんなサブキャラも。

リトル黙示録 ラウール
 (なめこ印『俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!? 5』、ホビージャパン、2012、p.79)

敵以外でこれだけ濃い男のサブキャラは珍しかったかも知れません。
再登場ああるかどうかは微妙ですが、しかし少し期待したい気も。鈍感主人公の脇にこういう軽薄男がいると、色々面白い気もしますから。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 芸大・美大・その他美術系学校 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。