スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大日本サムライガール』(とりあえず概要紹介のみ)

今日は祝日でしたが、明日からはまた大学が始まるので先程京都に戻りました。
しかし、実家に届いていたものを持ち帰るのを忘れたので送ってくれとか……よくそういうことやってますね……

そして、書くようなネタはあまり増えてはいません。寝てばかりいれば当然ですが。

とりあえず、本格的な感想・批評は後にして、新発売のライトノベルに軽く触れるだけ。

大日本サムライガール 1 (星海社FICTIONS)大日本サムライガール 1 (星海社FICTIONS)
(2012/07/13)
至道 流星、まごまご 他

商品詳細を見る

版が大きくおまけにイラストがオールカラー(!)でその分値段が高めと、今ひとつ買いにくいレーベルですが……

真正なる右翼は、日本に私ただ一人である。


作中で何回も言われますが、正真正銘これがヒロインの決め台詞です。
「真正なる右翼」がただ一人、ということは他のいわゆる「右翼」は、いやそもそも一般に「右翼」のイメージで捉えられているのは「右翼ではない」ということになります。すでにしてここに、従来の「左右対立」を限りなく超えようという野心が窺えますね。
とは言え、現在1巻段階ではまだ本格的な政治的対立はテーマになっておらず、アイドルプロデュースが主体のストーリーですが…
至道氏の作品としては、強気で才色兼備のヒロインが引っ張る今までの作品と違って、(やはり美人ではあるものの)自信のないところがあるヒロインを主人公が引っ張る、という人物配置も(アイドルプロデュース物としては正当ですが)今までとはだいぶ違って新鮮なところ。
そして、芸能界の事情やら地道な営業活動やらブレイクのきっかけやらといった事柄がきっちりと惹き付けるストーリーになっていて楽しめます。

これ以上詳しくはまた後日。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

芸能界の事情――『大日本サムライガール』

さて改めてライトノベル『大日本サムライガール』のお話となります。 大日本サムライガール 1 (星海社FICTIONS)(2012/07/13)至道 流星、まごまご 他商品詳細を見る 主人公・織葉颯斗(お
プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。