スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科書は作られたが…

この記事は予約投稿です。
今頃本人は電波の届かない山中の山小屋にいる予定です。

 ~~~

さて、これ↓は京大で使われているらしきものですが、その他にもこの類の本がここ1~2年で何冊も刊行されています。
博物館学芸員資格課程「博物館資料保存論」(だったかな?)という科目が新設されたことに伴い、教科書としてでしょう。

博物館資料保存論 (KS理工学専門書)博物館資料保存論 (KS理工学専門書)
(2012/03/27)
石崎 武志

商品詳細を見る

しかし教科書はともかく、講義できる人がどれだけいるのかという問題はどうなったのでしょう……

京大で誰がどんな講義をしているのか知りませんし、授業の面白い・つまらないがそうした事情と関係あるかどうかも知りませんが、専門でない人がただ教科書を消化するような授業をやっているがために「つまらなく」なっている可能性を思わず疑ってみたくなることはあります。

教科書に通り一遍詰め込まれるとつまらなく見えるというのもありますが。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 大学生活 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

T.Y.

Author:T.Y.
愛知県立芸術大学美術学部芸術学専攻卒業。
2012年4月より京都大学大学院。

当ブログはリンクフリーです。

引用もフリーです(出典明記していただけるとより有難いですが)。

コメントは返信しないことも多いですが、基本的にちゃんと読んでいます。

実名での仕事
7ページだけですが、拙稿が掲載されています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
参考文献
私が展開している思考の拠り所など(一部)。
スポンサー広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。